« 家から富士山を | トップページ | ビュフェ美術館 »

melancholy

自分の必要性が分からない。
別に居なくても良いんじゃないかって思えてくる。
今は結構全部に対してそんな感じ。
あっちもそっちも、このblogでさえも…。
やっぱり心が相当疲れてるのかな?
ストレス抱えてるのかな?
自覚してないときってオーバーしちゃうから危険なんだよね^^;

庭のカリンの木にてんとう虫(ナミテントウ)を見に行ったら、枝で休んでいるヤモリを見つけた。
夜、玄関の灯りのところに出て来るのはよく見るのだが、昼間姿を見る事自体が少ないので何だか嬉しかった。
Dscf37082
写真を撮ってるうちに枝の後ろ側に移動。
どうやら隠れたいらしい。

アブラムシが居て、てんとう虫が居て、ヤモリが居て、スズメバチもうろうろしていて、他にも虫がいるっぽいカリンの木他庭を眺めていると、大自然の小さく切り取った一部を身近に見れる気がした。
皆それなりに、一生懸命生きている。
人間ってのはどうしてただ生きる事がこんなにも難しいんだろうか?
考えてしまう。。。

いっぱい実を付けていたワイルドストロベリーはもう今年は花を付けないのかと思ったけれど、肥料をやったらまた花芽をつけたみたい。
また花を咲かせて楽しませてくれると嬉しい。
Dscf37142
ワイルドストロベリーの白い花が、実の放つ香りが、そっと気分を癒してくれる気がする。
あと、ぽんの無邪気な姿も癒しだな♪
Dscf37112

|

« 家から富士山を | トップページ | ビュフェ美術館 »

コメント

守宮のいる庭。素敵ですね。良く、見つけましたね。何世代もお庭で生きつずけてきたのですね。住み心地がよいのですね。ハラショーです。我が家には多分おりません。ガマガエルが1匹最近住み着き大事にしています。ヘビ・トカゲは多いのですが、それに、狸・キジ・コジュケイは隣人です。以前、側溝でコジュケイの雛を網で掬いました。女房と二人で側溝に落ち、出られなくなった雛をです、私が下から追い、女房が蓋の出口で掬いました。いっぱつで3羽。上手な人です。親鳥が鳴き騒ぎ、すぐ、山に返しました。懐かしい思い出です。守宮が住み着く『秘訣」?とか、ないかなー。大風が吹くとナナフシが部屋に飛び込んでくるような環境ですが。

投稿: 森 祥一郎 | 2007年6月19日 (火曜日) 14:14

>森 祥一郎さん
偶然見つけました。まさかそんなところに居るとは思わなかったので、私もびっくりです。
多分古い家で、ヤモリの餌になるものが多いからなのではないでしょうか。
森さんの住んでいらっしゃるところは自然の多い環境の様ですので、住んでないのがちょっと不思議です。
以外と気付かないだけかも!?私も昔は存在を知りませんでしたから。

投稿: このは | 2007年6月19日 (火曜日) 23:16

棲家があるんですね。隙間がね。庇の下とかに。我が家でも壁板に大工さんが切込みを入れすぎた所があって、毎年黒花蜂が春になると出入りしています。巣があるようです。石垣の隙間にも蜂が出入りしています。子育ての場所は、彼らも厳しく選んでいるようです。倒木の割れ目にアマガエルがぎっしり。これは、休憩場所の様です。ムカデは靴の中が好きだそうです。いきなりはかないで、逆さにして振ると良いのだそうです。でも、急いでいたらそうもいかないですよね。

投稿: 森 祥一郎 | 2007年6月20日 (水曜日) 09:02

>森 祥一郎さん
ヤモリの住処は見つけたことがないです。食べ物ならいっぱい居そうですが^^;
ムカデにも家では出会ってません。庭にぽんが殺したらしきものがあったことはありましたが。。。雨のシーズン、ムカデが上に昇って来ますね。気をつけなければいけません。

投稿: このは | 2007年6月21日 (木曜日) 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家から富士山を | トップページ | ビュフェ美術館 »