« 襲う痒み | トップページ | 暑〜い!! »

NHKのスタジオパークに金剛地さんが出ていた。
ミヤマクワガタ情報を探していた。
ミヤマクワガタねー…。

結構格好良いクワガタだと思う。
私自身は捕まえた事は無いけれど、虫取り得意な弟がたまに捕まえてきた。
厳つい感じが格好良く見えるよね。
ノコギリクワガタよりもさ。

玄関に何故かカナブンが落ちていたので、庭に運び出す。
元気がないので死んでしまうかと思ったら…その後元気を取り戻す。
っていうか…死んだフリ?
伯母さんが母と話をしていて、何やら感心していた。
何に感心していたのだろうか?
物怖じせず虫に触った事だろうか?

職場で虫に遭遇。
得体の知れないものには極力近付きたくないし、無闇矢鱈に殺すのも嫌。
でも排除しなければいけない状況…なのでティッシュで摘んで窓からポイッ。
それも逃げ回るのでやっとで。
この間の蜂の方がスムーズに捕まえられたのは何故だろう???

|

« 襲う痒み | トップページ | 暑〜い!! »

コメント

コンビ二で、昆虫採集??。クヌギ林で、木を蹴飛ばしたり、樹液の出ている場所を探して,正統派のクワガタ・かぶと獲りをしてきたおじさんには、どうもなじめない。しかし、取れてしまうんですよね。別荘地の街灯のした。コンビニの駐車場。クワガタ・兜・はもちろん。タガメを得たこともあります。以前、都会で3000円で売っていたのを思い出し、複雑な心境です。ぷーる開きの前、小学校のプールをPTAで掃除した時、ミズカマキリが沢山取れました。これは1匹1000円でした。一番??????は昆虫でしょうね。どうなってるのって。

投稿: 森 祥一郎 | 2007年6月29日 (金曜日) 18:12

>森 祥一郎さん
最初はコンビニに売ってるのかと思ったけど、明かりに集まって来るって事ですね。それは仕方ないかも。よくカブトムシが家の網戸に張り付いていたのを思い出します。
弟はまだ、早朝もしくは夕方にクヌギなどの木を見に行く昔ながらなスタイルで採集している様ですよ。
今は何でもお金に換算されてしまいますけど…今も昔も子どもの心を動かす不思議な生き物ですよね、昆虫って。

投稿: このは | 2007年6月30日 (土曜日) 00:53

又、再コメント。子供は動くものに興味持つ。以前川で、釣りをしていたとき、品のよい老人6・7人が川原をうろうろ、少し話すると、石を探しているという。丹沢でのこと、歳を取るとこれが楽しいと言って、笑っていました.「みずいし」とおっしゃっておりました。景色のある石だそうです。私はソコまで、かれておりませんが、心境は分かるような気が致します、昨今です。

投稿: 森 祥一郎 | 2007年7月 1日 (日曜日) 23:33

>森 祥一郎さん
その方々は、肉体の年齢こそ重ねていらっしゃいますが精神的にはそんじゃそこらの方々よりずっと若いんじゃないでしょうか?
歳を重ねることを嬉しいと感じるなんて凄いですね。
その方々に「かれてる」というイメージはありませんよ。

投稿: このは | 2007年7月 2日 (月曜日) 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 襲う痒み | トップページ | 暑〜い!! »