« 余裕 | トップページ | 素敵な贈り物 »

教科書問題

日本の歴史教科書問題が、今日の『クローズアップ現代』に取り上げられていた。
NHKというと、どうも国の方針には逆らわない的なところがあるように思えていたので、こういう放送があるのが面白いかなと思った。
折角受信料を取って運営しているんだから、平等な形で情報を流してもらえたら嬉しい。

沖縄戦における民間人の自殺について、日本軍の働きかけはあったのかなかったのか?
実際文書には残っていないが、あったとみるのが妥当のようだ。
番組内では、日本軍が関与していない島での自殺が少なかったことからも伺えると言っていた。

今まで、経験しながらも一切戦争の話をしようとしなかった人達が居た。
人に話せないという事は、それだけ心の傷が深く、癒されていなかったということなのかな?と思う。
教科書問題によって、怒りとともに今まで閉ざしていた口を開く人達が居るという。
それこそ傷口をえぐるような行為かもしれないけれど、それでもその開かれた口から語られる事実は戦争を忘れないために、戦争を知らない私達にとって大事なことじゃないだろうかと思う。
人は、誤った選択をすることもある。
でも誤ったことを全て無かったことのように消すことは出来ない。
じゃあ、誤ったことを今後どうしていくのか…そこが大事なんじゃないかと思う。
教科書問題は今のところマイナスでしかないけど、多くの戦争経験を残すという意味ではひょっとしたらプラスになっているのかもしれない。
それを長い目で見て本当にプラスと受け止められるようになるように、動けたらいいのにな…。
何か出来る訳じゃないけど、そんな事を思った。

|

« 余裕 | トップページ | 素敵な贈り物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余裕 | トップページ | 素敵な贈り物 »