« 始まりは冗談から | トップページ | 青いうさぎ »

水風船

誰か、胸でも背中でも貸してくれないかな。
泣きたくなった衝動を必死で抑えて、心の奥に仕舞い込む。
今は泣いちゃいけない。
破裂しそうな水風船。
伸びきったゴムが悲鳴を上げている。

今欲しいのは、泣かせてくれる人かなー…と思いながら書いたら、詩みたいになったね。
泣きたい衝動にかられたのは仕事中だったんだ。

仕事が終わって、友達と立ち話。
ここらで少し休みたいもんだね、と。
同世代の同職種者は、出産と育児休暇で1年前後休んでいる。
結果、客観的に仕事を見つめる事が出来ると思う。
私は…ずっと働いてきて、このままこれからもずっと変わらず働いていくのだとしたら、休む間なんて強制的に作らなきゃないって事だ。
少し、休みたいなと思った。
友達も「分かるよ」って言ってくれた。

多分、疲れているんだよね。
無性に食べて食べて食欲を満たしたいときもあれば、全然食べたくないときもあったりして、吐く事こそしないものの、軽い過食症っぽくも思える。
知らないうちに知らない場所が、病んでるのかな?

|

« 始まりは冗談から | トップページ | 青いうさぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 始まりは冗談から | トップページ | 青いうさぎ »