« 鮭臭いアライグマ | トップページ | ちょっくら… »

オレンジの月

三日月なのに結構力強く輝く月は、ちょっとオレンジっぽく見える。
ちょうど狂い咲いている隣の家の山吹みたいな色だ。
街灯のない、対向車がやっとすれ違う田んぼの中の道を走れば、ヘッドライトに照らされて近くの稲穂が少しだけ昼間の色を覗かせつつ、怪しく揺れる。
その向こうの木は真っ黒に見えて、向こうの稜線はそれよりも少しだけ黒が弱まった感じ。
その向こうの山はまた黒が薄まっていた。
月の浮かぶ夜空は黒というよりは紺色に近い色をしていて、全体的に暗い色で占められた視界に、ビーズの様に遠くの街の光を映した。
いつもと違う何かがある訳でもないけれど、いつもと違う素敵な世界があるような景色。
いや、いつもと同じ素敵な世界…なのかもしれない。

他人に任せなければならない事があり、明日の準備に大忙し。
今日もちょっと残業。
明日はちょっと現実逃避出来るので、これも頑張りどころってことで。

実は、他人との距離が近かったり触れられるのって、嬉しいこともあるけれど反面ちょっと苦手。
照れくさいのもあり、握手とかもちょっと苦手だったりする。
(最近はある影響で大分慣れたし、子どもは平気なんだけど)
でもそれはプライベートの事で、仕事中は全然そんなの気にしてないんだよね。
だから当たり前と思っていた事がある。
でも、仕事をする上でいろいろ制約があるんだと、ふとしたことから思い出させられた。
まあ、免許ってのはそんなものかもしれないね。

|

« 鮭臭いアライグマ | トップページ | ちょっくら… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鮭臭いアライグマ | トップページ | ちょっくら… »