« 身だしなみ | トップページ | ぽんとプリン »

ぽんと散歩

今日は忙しかった。
上手くいかないことも多いけれど、全てが上手くいく訳じゃないから仕方ないよね。
人の素敵なところを認められたら…って思う。
何か上手くいかなくて、イライラしているところもあるのだけど。

ぽんはちょっとだけ元気。
一応朝、ご飯を食べたいと起きたりしたようだ。
帰宅したときは横になっていたのに、夜になったら活動し始めた。
テレビを見た後、1時間付き合う。

はじめのうちは部屋の中を割と自由にうろうろしていたのだが、どうも外に行きたい様子。
リードを持って来ると大人しく着けさせてくれた。
そしてさっさと外へ。
大通りに出て少し歩いたところで、車のクラクションに吃驚してUターン。
庭まで帰って来て、玄関の辺りをうろうろ。
暫く動き回ってやっとこさ家に入った。

そうしたら廊下で伸びて、広げた毛皮の様になりながら、匍匐前進をしながらうとうと。
廊下の冷たさを感じていたのかな?
15分くらいうとうとしていて、本当に寝てしまいそうだったので、ぽんを起こしてケージへ。

帰りに買ってきたプリンを、ぽんを右手で抱っこしながら左手で使い捨てスプーンを使ってあげたら食べた。
これは嬉しい。
何回か口に運んだうちの1回を失敗してスプーンに乗ってたプリンを被ってしまったのも、またいい思い出になりそうだし♪
明日はちょっと無理だけど、明後日も一緒に過ごせますように☆

母が…冷凍庫を整理したときにアイスを出して、仕舞い忘れたらしい。
溶けたのを発見し、再度凍らせたはいいが、母が食べようとしたらものすごい臭い。
どうやらアイスは痛んでしまったらしいよ。

|

« 身だしなみ | トップページ | ぽんとプリン »

コメント

>人の素敵なところを認められたら…って思う。
何か上手くいかなくて、イライラしているところもあるのだけど。

素直に認めればいいじゃん。
人によって解釈が違うと思いますけど貴方の視点は上から目線だからそういう軋轢が生まれるのではありませんか?
やる気のなさそうな「認められたら」ではなく自発的な「認めよう」という気持ちはないのですか?
職場とかで何があったか知りませんが・・・

話は変わりますが、先日「ぼうしのとり」を読みました。
個人的な意見ですが子供に読ませる本としては相応しくないと思います。
疑問に思ったことを素直にカキコします。

1、主人公は集団リンチから逃げることでハッピーエンドですが現実から逃げて一体何を得られるというのですか?

2、子供に伝えることはいじめの現実から逃げることではなく、苦い思い出や失敗から学び次に生かすことではありませんか?

その主人公のような集団リンチを受けたことがありますが、私は耐えて反撃の機会を待って克服しましたよ。
人それぞれといえばそれまでですが、もし私の解釈に異論がありましたら宜しくお願いします。

投稿: | 2008年10月28日 (火曜日) 00:46

最近、更新がなくて心配しています(´Д⊂グスン
だいじょうぶですか??

投稿: ぽん | 2008年11月 2日 (日曜日) 23:06

>名無しさん
お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。

先ず、名前を名乗るのが意見する場合の礼儀だと思いますが如何でしょうか?
仰りたいことは分かりますが、そんなに出来た人間ではないのでblogではこういう表現になっています。
そういった微妙な部分をご理解いただけたらと思います。

『ぼうしのとり』を読んでいただき、ありがとうございます。
ですが、あれは集団リンチの話ではございません。
様々なことを感じ取って欲しかったので、敢えて「いじめ」という言葉も使わないようにしています。
一般的に「耐える」のがいいことで「逃げる」のは弱いこと負けることというイメージが先行しがちですが、耐えられる人ばかりではないと思います。
耐えたがために壊れていく人もいるのではないでしょうか?
「逃げる」のが全ていいとは思いませんが、「もうダメだ」って思ったときに逃げられないようにすることはいいことではない筈です。ただ、新たな場所に望む世界があるとは限りませんが。その為に、敢えてああいう終わり方になっています。あれはハッピーエンドにも取れますが、そうでないようにも取れると思います。
他人と違うことを理由にいじめられた場合、何をどう反省すべきでしょうか?個性を否定されたことになりはしませんか?その中で飛べる筈の羽をすぼめて生きていくことが良いことだとは、私には思えないのです。

一応、小さな子ども向けと言うよりは、内容が理解出来るくらいの子どもから大人向けとなっています。
内容に関して説明すればもっと事細かな部分もありますが、ここでは質問事項に対しての返答のみとさせていただきます。
他にも何か思うことがありましたら、コメントいただければ幸いです。

投稿: このは | 2008年11月 3日 (月曜日) 00:37

>ぽん総帥
心配かけてごめんなさい。
忙しくて更新出来なかっただけなので、過去の分も含めてまたぼちぼち更新していきます。
また読んでくださいね^^

投稿: このは | 2008年11月 3日 (月曜日) 00:41

貴重なご意見をありがとうございました。では御回答に対する回答です。

>先ず、名前を名乗るのが意見する場合の礼儀だと思いますが如何でしょうか?

ネットで名乗る必要ってありました?ならばカキコ欄に制限を設けてくださいね。
正体を知りたいようですが、面識はあるから、だいたい想像がつくんじゃない?

>ですが、あれは集団リンチの話ではございません。

主人公は冒頭で皆と違うという理由で無視されて、いつものようにからかい半分で、笑われながら羽をむしられています。
その結果丸裸にされて飛べなくなったのだから、一般的には集団リンチと解釈されてもやむを得ないと思います。

>耐えたがために壊れていく人もいるのではないでしょうか?
>「逃げる」のが全ていいとは思いませんが、
>「もうダメだ」って思ったときに逃げられないようにすることはいいことではない筈です。

仕事でも極限の状態で「もうダメだ」と思っても絶対逃げてはいけない場面あるじゃない?
「筈」と言い切ってもいいのですか?その状況によって逃げる・逃げないの判断が変わるものだと思います。

>他人と違うことを理由にいじめられた場合、何をどう反省すべきでしょうか?
>個性を否定されたことになりはしませんか?その中で飛べる筈の羽をすぼめて生きていくことが良いことだとは、私には思えないのです。

反省と書いた覚えがないのですが・・・、反省することは内面の話なので個性を否定されることはありません。
個性を捨てると自分自身で決定しない限りはね。一方的に攻撃されたら対策を考えるのは当然だとおもいます。

>一応、小さな子ども向けと言うよりは、内容が理解出来るくらいの子どもから大人向けとなっています。

私事で恐縮ですが小学校のときにね、丸裸にされて学校から帰ったことあります。 主人公みたいにね。
転校したいと言ったけど、親は「ここで逃げたら転校しても結果は同じ」と送り出しましたよ。毎日泣きながらさ。
途中から内容が理解できなくなった私は小さな子供かも知れませんね。

以上、失礼します。

投稿: 奈菜子 | 2008年11月 4日 (火曜日) 06:13

>奈菜子さん

お返事ありがとうございます。
一般的な書き込みには名前を名乗るよう求めたりはしません。
でも、相手に意見を求める場合は矢張り名乗るべきだと思いますが如何でしょうか?間違っていますか?
例え面識があっても、こちらからは分かりませんよ。探ってないですしね。面識がある人って誰かなぁ?とは思いますが、見当は全くついていません。

反省って書いたのは私の見間違いでしたね、すみません。

逃げていいか、逃げてはダメかは本人が決めることだと思います。
それを外からの力で逃げられないようにすることは、決していいことではないと思うのです。本当に辛いのであればね。
本当に逃げた方がいいのか、それとも頑張れば乗り越えられるのか、見極めが必要になるのかもしれませんね。

私も、肉体的いじめこそ少なかったものの、無視されたり仲間外れにされたりしたことはあります。それから人が怖くなり、なかなか心開けないのも事実です。それでも逃げちゃいけない、親に心配かけちゃいけないと、俯きながらも休まず学校に通いました。
そんな経験があるからこそ、子ども達にもその他の人達にも、物語を通して主観的にあるいは客観的に、人を傷付けるということはどういうことなのかを知って欲しいのです。
ひとりの人にとってはたった一言「バカ」というだけかもしれない。でもそれを大勢の人に言われたらどんな気持ちになるだろうか…想像し、知って欲しいのです。考えて欲しいのです。

実際にいじめを受けた人には辛い内容でもあるかも知れませんね。再び辛い思いをさせてしまって申し訳ありません。
でも、私の考えることが伝わらなかったからと言って小さな子供だと思ったりはしませんよ。
それこそ、解釈は人ぞれぞれです。
ある意味新鮮です。こういった意見を面と向かって言う人は居ませんから。
貴重なご意見ありがとうございました。

投稿: このは | 2008年11月 5日 (水曜日) 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 身だしなみ | トップページ | ぽんとプリン »