« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の19件の記事

久々のグラタン

仕事が終わり、夜中に帰宅。
シャワーを浴びて、湯冷ましの時間にお弁当の準備…と思って、野菜を切り始めた。
夜が明けたらゴミの日ってのもあるんだけど。

で、作ったのはグラタン。
グラタンの素があったのと、買ってあったエビを使いたかったのが主な理由。
茄子とタマネギとエビで、ミートグラタンを作った。

オーブントースターの温めとか、若干失敗したところもあったけれど、ちゃんと焦げ目もあって、しっかりグラタンになっている。
これで明日のお弁当は出来たな!

安心して眠る。
睡眠時間は3時間弱。
また朝から仕事。
でもお昼はちゃんと食べられた。

ハモネプ見たくて急いで帰宅。
ちゃんと見ていたのに、途中で眠ってしまった。
ちょっと残念〜。

| | コメント (0)

佐野美術館

最近、美術館巡りが趣味になりつつある感じ。

24時間テレビをずっと見ていたりしたので、出掛けるのをどうしようか、正直ギリギリまで悩んだんだけれど、『堀内誠一 旅と絵本とデザインと』という企画展示の最終日だったので、思い切って出掛けることにした。
片道1時間40分くらい、カーナビが頼り。

佐野美術館に隣接している庭園にちょっと和みつつ、ギリギリだったので足早に展示に向かう。
思ったよりも小さい場所だったけれど、思ったよりも展示品を見るのに時間がかかって、「ああ、もっとゆっくり来れば良かったな」と思った。
パリの地図とか、雑誌の写真とか、ロゴデザインとか、絵本とか、私にとってとても興味があって刺激になるものがいっぱい並んでいて、楽しい。
行って良かったと思えた。

帰りに、駐車場の隣にあった三島梅花藻を見る。
綺麗な水の中で、小さな白い花を付けた藻が揺れていた。
ハヤのような魚もいて、カワニナみたいな貝もいて、アメンボも泳いでいた。
ちょっとホッとする空間。
幼少の頃に遊んだ場所からなのか、子どもの頃の登山の経験からなのか、こういう場所が凄く好きなんだなと思う。

| | コメント (0)

夏の暑さにやられました

静岡はガンダムで盛り上がっている!!
…ということで、かなり近くに住んでいる地元人として行っとくか!ということで、旧友と一緒にガンダムの足下まで行って来た。
一番の目標は、一緒に開催されているイベントの『お台場ラーメンパーク』でラーメンを食べることだったりするのだが…。

午後一番で出掛け、近くのウィリーウィンキーという雑貨屋さんでお買い物をして、ラーメンパークに行って遅いお昼を食べた。
私はつけ麺を食べたんだけど、初めはそのまま食べて、次はかぼすを入れて、次は黒こしょうを入れてと、段々薄くなっていくであろうお汁に味を足していくことで、薄くなる感じを与えないようになっていて面白い。

混んでいたオフィシャルショップの辺りが空いてきたので、ガンダムカフェの辺りを覗き見しながら並んでオフィシャルショップへ。
面白いガンダムのお土産とか、限定プラモはじめプラモデルがあったり、携帯用のデコシールがあったり面白かった。

それからガンダムの足下にも並んで行ってみた。
スッキリ晴れた青空に、ガンダムの白いボディが映える。
周りのビルが、ガンダムの大きさをリアルにしていたり。
一通り見終わってから、影に入ってひと休み。
最近は日光の下で長時間活動することなんてなかったから、かなり疲れた。
昔はこんなのへっちゃらで遊び回ってたのになぁ…。

友達が食べたいと言っていたので、Steppinバーガーを一緒に食べる。
友達はアボカド入り、私はノーマル。
その場で焼いて調理をしてくれるので、美味しい。
それから地元でも全国でも様々な番組で取り上げられている、話題のコルネットを食す。
まー…あれだね、コメダのシロノアールのときのような感覚だね。
私はハニートーストにアイスが乗ってる方が好きだなぁ。

東静岡限定のメニューらしいんだけど、シャア専用冷やしカレーうどんってのがある。
何処がシャア専用なのか分からないんだけど…食べたら分かるんでしょうか?

友達の飲み終わったドリンクの赤いストローを見ていて、ふっと思いついたので「これ、シャア専用だから」と呟いたら友達のツボにはまったらしい。
それを見て私も大笑い。
そんな話もしつつ夕暮れを待つ。
日が暮れてくると、風も涼しくて、日中の暑さが嘘の様だった。

ライトアップしたガンダムを写真に収め、出店の餃子を買って帰宅。
むっちゃくちゃ疲れたけれど、楽しかった。

| | コメント (0)

ただ忘れてただけでも

ボーナスも使い果たしてしまって、お給料も使ってしまって、残るは僅かな貯金のみ。
さあ、遊びに行くのにどうお金を工面しよう!?

そんなことを思いつつも、家賃を振り込んだりお金を引き落とし用の口座に移したりする為に通帳を見て吃驚!!
お金が思ったよりも残ってる…?

じっと通帳を見て、答えを見つけた。
先月は給料日前にボーナスを引き落として、その分で生活していたんだ!

そんな訳で、心がかなり軽くなる。
遊ぶお金も確保出来た!!

単純に忘れてただけで、損も得もしてないけれど、何だか得した気分♪
俄然夏休みが楽しみになってきた!!

| | コメント (0)

それ、いっちゃう!?

以前はよく見たでかい蜘蛛。
実家にはよく出没していたので、以前は見慣れていた。
今のところには出ないので、小さい頃から養われてきた昆虫などに対する免疫が、徐々に失われていきそうな気がする。

このでかい蜘蛛、多分イエグモと言われる奴で、サイズがサイズなため若干グロテスクな感じが否めない。
が、なかなか優秀な奴であの憎き黒い奴、ゴキブリを捕食してくれたりするのだ。

そのでかい蜘蛛が、職場に現れた!
流石に職場には様々な理由から現れて欲しくない。
でもそっとしておくしかなくて、放置していたら…。

同僚が、ゴム手袋をしていたとは言え、手掴みで窓の外に放そうとした。
同僚は女性。
私も割と色んなものに驚かない方だけれど、これは出来ない。
上には上が居るもんだな。
ちょっと吃驚した出来事。

| | コメント (0)

神経難病のドラマ

スーパーで初めてカップラーメンシャア専用を見た。
三種類もあって、吃驚!
食べたい味でもあったけれど、ミニプラの分だけ高いので止めた。

クロイツフェルト-ヤコブ病の患者が主役ということを聞いたので、ドラマ『美丘』を見ている。
ただの恋愛ドラマとは、ちょっと違う感じがする。
伝えたいことが、いっぱいいっぱい詰まってる気がする。

こんなに早い段階からCJDって分かってる症例って、実際にどれだけあるものなんだろう?
実際は運動機能障害よりも認知機能の障害の方が遥かに早く進む気がするけれど…こんな風に症状が進行することもあるの?
疑問はあるけれど、まあドラマだからね。

最近『1リットルの涙』の再放送をしている。
こちらは脊髄小脳変性症という病気。
実際の話はノンフィクションだから、本はとてもリアルだったけれど、それだけにドラマは恋愛要素が強く感じられて作り物っぽく感じたのを覚えている。
ただ、本人の残した言葉が、とても心に響くんだよね。

ふたつとも、若い女の子のドラマで、それ故に苦しいことも沢山あるだろうけれど、じゃあ子育てが一段落して今から夫婦の時間を過ごそうとした人が病気になった場合はどうなんだろうね?
今まで当たり前に隣に並んでいた肩が急に隣になくなった時、前を歩いていた背中が突然見えなくなった時、夫婦・家庭はどんな色に変わっていくんだろうね?
CJDでもSCDでもいい。
そんなドラマもあったらいいのに。
ところで…筋萎縮性側索硬化症のドラマってないのかしら?
延命とか緩和医療とか介護負担とかそういうところを表現するのって難しいかなぁ?

| | コメント (0)

植え替えとマンマ・ミーアと寿司

父に誘われて、劇団四季のマンマ・ミーアを見に行く。
早く着き過ぎてちょっと待ちくたびれたが、父とのんびり話をする時間がもてた。

ミュージカルのセリフの喋り方には少々慣れない感じがあったけれど、歌はやっぱり素敵。
聞いたことがあるメロディーも多く、ところどころ笑いもあって、面白かった。
最後にはホール全体で踊ったし。
でも、何よりも父と一緒に行けたことがいいかなと思う。

マンマ・ミーアを見に行く前に実家に寄って、父と一緒に出掛けたのだけど、そのときに母が先日持って帰った、コガネムシの幼虫が入った鉢をひっくり返して土を広げてくれていた。
薄く伸ばした土の中でも、ちょっとでも膨らみがあるところに逃げ込んでいるらしく、シャベルで平にすると姿が見えた。
でも、最初の鉢の土の中の虫は死んでるのもいて、生きているのもちょっと萎んでいた。
そりゃあ食べる根っこが無くなって数日経つもんね。
母に「カブトムシの幼虫に似てるから、必死で潜ろうとする姿を見ると、可哀想になっちゃうね」と話すと「だから見に行かないようにしてる」と日光の元に放置。
他のところに放せば、他の植物が傷付いて枯れてしまうかもしれないし、大事な植物を守る為には心を鬼にしなきゃいけないんだよなと、物事の両方を立てることの難しさを改めて思い知る。

マンマ・ミーアから帰ってから、日光消毒をした植木鉢に土を入れて、水に浸かっていたワイルドストロベリー達を鉢に戻す。
母が「赤玉の方がいいんじゃないか」と腐葉土を少し混ぜた赤玉にワイルドストロベリーを植えた。
根っこが一番食べられていたミグノッティーの根っこから、小さな小さな白い新しい根っこが生えていて感動!
この間伸びたランナーから株分けしたピンクパンダの苗も素焼きの鉢に植えてみた。
どうかみんな無事に根を張って育ちますように☆

夕方は職場の人と会って食事。
ちょっと縁のあるお寿司屋さんに行った。
サンマのお寿司がとっても美味しかった。
話もそこそこして、おいしくお寿司を食べて、楽しく過ごした。
今日は車だったからお酒は飲めなかったけれど、またお酒を飲みながらお寿司食べたいな。
寿し幸さんというお店。
気取った感じじゃなく、初心者でも大丈夫なところなので、気軽に行けるのがいいと思う。

| | コメント (0)

招かれざる客、再び!

ひとつの鉢だけの被害ってのは有り得ないかもしれない…と思っていたら、予感的中。
ピンクパンダの元気が無い。
シャベルでちょろっと掘り返してみると、数日前に見かけた姿が!
これはまずいと、シャベルを使って抜いてみたが、結構あっさり抜けた。
ただ、白くて小さい新しい根がちらほら見えるのと、前のより根っこが多く残っていることに安心。

これはもう、全ての鉢に居ると考えた方が良さそうだと、この間から何か気になっている白実の鉢も掘り起こすと…小さい虫が結構いっぱい出てきた。
あーあ…全滅。
でもこれが一番根っこが残っていて。
仕方がないから午後に実家に持って行って、土が零れても良い状況で、鉢から抜くことにした。
幼虫が小さいからか、匹数が多くて、それに少々吃驚したが。

実家に行って抜いて、白実はバケツの中で一晩過ごすことに。
明日、鉢の土を全て出して日光消毒をした後、新たな土を入れて植えなおす予定。

| | コメント (0)

頑張れ!

ここのところ、休みが1日で5日間働くパターンが続いていて、なかなか疲れが取れない。
そうすると、結構イライラしてきたり。
部屋が片付けられないのも一因だったりするのかも!?

普通に朝起きて、夜眠る規則的な仕事だったらもうちょっと頑張れるのかなぁ…。
ときどき、不規則な日常が恨めしくなる。

ま、でも悪いことばかりじゃないでしょ。
頑張るしかないよねぇ。

母が、「暑いから水が腐るよ」と言ったため、昨日の水に浸かったワイルドストロベリーのために、午前中は部屋のクーラーを付けっ放しにしておいた。
でも気温はかなり上がったっぽい。
ドキドキしながら帰宅して、帰ってから元気な姿を見て、ホッとする。
「よく頑張ったねぇ」
思わず声をかけた。
新しい根っこは生えてきていないけれど、水は吸い上げているようだ。
どうか、頑張って欲しい。
ほんのちょびっとの傷付いた根っこでも、「生きたい」と精一杯頑張っている姿に、心が励まされている私が居る。

| | コメント (0)

招かれざる客

暑さで人間も参っている中、ベランダのワイルドストロベリーは元気にしている。
忙しくても、水をやるのは忘れないように。
癒しだからね。

異変に気付いたのは数日前。
他の鉢は元気なのに、ひとつだけ元気の無い鉢があった。
ちょっと乾き気味だったので、水分が少ないからかな?と思い、水をやる。
それと、普通は徐々に減っていくように感じる植木鉢の土が、何だか増えているように見えるのが不思議だと思った。

そして今日。
他の鉢は元気なのに、やっぱりその鉢に植っているワイルドストロベリーだけ元気がない。
おかしいと思い、ちょっと引っ張ってみると…抜けそう。
そして根っこの辺りに何やら動く物体が!!

これには心当たりがあったので、直ぐさまワイルドストロベリーを引っ張り抜く。
既に殆どの根が食べられており、残った根はほんの僅か。
でも葉はまだ元気なのもあるので、ちょっとでも希望があるならばと水の中へ非難。

そして、改めて鉢を見てみて吃驚!
鉢の中には一匹どころかかなりの幼虫の姿が!!
わーお。
放っておいても他の鉢に移動することはないので、ちょっと離して置いておく。

ぽんが居たら喜んで食べたんだろうなぁ…と思った。
前に根っこを食べられたときの幼虫は、もの凄い勢いで食べていたからねぇ。
彼らにしてみれば、貴重なタンパク源。
さぞかし美味しいんだろう。。。

ぽんは居ないし、ワイルドストロベリーが頑張れるかどうか分からないけれど、取り敢えず土に戻してやりたいので、虫の入った鉢は実家に持って行く。
母曰く、今ならアリが食べてくれるって。
そろそろ虫達の冬の準備が始まる。
夏もきっと、もう終わりに近づいている。

| | コメント (0)

ペルセウス座流星群

パソコンで、流星群のニュースを見た。
折しも今は一番見えるという夜。
しかも昼間によく寝てしまい、明日は夕方からの仕事。
ちょっと夜更かししても平気かな。

2時半を過ぎた頃、ベランダに出て空を見上げる。
でも何が何だか良く分からない。
部屋に戻ってパソコンで調べてまた空を見上げた。
こんな時でなきゃ星を興味を持って見上げたりしないもんだから、星座なんてこれっぽっちも分からない。
しかも見上げているのは東南の空で、目印の北極星は全く見えない。

見えるのかな〜?
ベランダの分厚い手すりに頭を預けて、空を仰いだ。
ぼーっと見上げていると、一番光る星の傍からすっと地上の方向に光るものを見た。
見間違い!?と思い、もう一度パソコンで確認。
一番光る星は、多分木星だろうと思われた。
方向もバッチリ!流れ星だ。

時間が経ってから、もう一度ベランダに出て、さっきと同じ方法で空を仰いだ。
この方が、地上の光が目に入らなくていいから。
もう一個、地上に近いところに流れる星を見た。
嬉しかった。

ふたつとも願い事は出来なかったけれど…ちょっと幸せな気持ちになった。

幸せな気持ちで寝て、起きたら…昼。
出勤時に空を見た。
今日は雲が多い。
夜は案の定、星があんまり見えない。
昨夜見れて良かった。

| | コメント (0)

日航ジャンボ機墜落事故

当時、私は小学生くらいだった。
夕方のテレビにかじりついて、衝撃的なニュースをハラハラしながら見ていた覚えがある。

墜落当時、日が暮れかかっていたことが被害を拡大させたと聞いたことがある。
もしヘリが飛べたなら…コードプルーみたいに救助隊や医療スタップが行けて、もっと助かったかもしれないって。
本当かどうかは分からないし、25年前の技術や体制で何処までのことが出来たのかも分からない。
でも…考えてしまう。
仕方ないことなのに。

昨日、職場でこのニュースの話をした。
一緒に働いているスタッフには、既にこの事故後に生まれた人も居る。
過去のニュースとして何となく知っている感じ。

実際の経験からしか学べないことが多いけれど、こんなでっかい失敗を二度と起こす訳には当然いかない。
何の為に先人の経験が残されているのか、苦しいことにも関わらずリアルに語られる内容を、同じ失敗を繰り返さない為に、活かしていかなきゃね。
その為に、忘れないことが大事なんだよね。
戦争も、何もかも。
人は忘れていく生き物だけれど、留められないものは仕方ないけれど、忘れない努力だけはしなくちゃいけないなと思う。

| | コメント (0)

ゴキブリの話

ゴキブリが現れた時、どう対処するか?
休憩中テレビで、殺した虫などを吸い込む便利グッズの紹介をしていたところから、そういう話題に。
あの便利グッズ、吸い込んだ虫が生きていた場合はどうなるんだろう?

今のところ、うちにはゴキブリは居ないので困ったことは起きてないんだけど、あの黒い奴が私の部屋に出たら許さないつもり。
覚悟しとけ!って感じで。

殺虫剤が嫌いなので、多分叩くか熱湯をかけるか。
水場だったら確実に熱湯です。
いろんな意味で綺麗だから。
潰すのも、出来れば拭き取れる場所がいいな。
あとはホイホイを設置。
そうやって対応します。

実家では姿を発見したら先ず母に報告。
基本、母が叩いて天国へ送っていました。
あとはやっぱり熱湯と洗剤とホイホイで対応。
あ、実家の影響もろに受けてるかも!?
昔実家でも殺虫剤使ってた覚えはあるんだけどね、私も使ったことあるし。

何故殺虫剤が苦手かというと…あんなに虫がすぐ死ぬようなもの、(少なからず吸い込むので)人間にだって害があるに違いないと思っているのと、あとで吹きかけた場所に残っているのが嫌だから。
そんな訳で、自然志向です(?)。

| | コメント (0)

ひぐらし

夜中に仕事から帰宅して、ぼーっとした後お風呂に入った。
もう、明け方。
雨が降っていたが、辺りは明るくなりつつあった。

目覚まし時計の音か?
早朝の鳥の声に混じって、遠くでジリジリと音がする気がした。
「こんな朝早くに、起きる人が居るんだな」
ぼんやりとそんな風に思っていた。

音は直ぐに止まった。
「起きたのかな」
でもまた直ぐに鳴り始める。

あれ?
目覚まし時計の音じゃない?

よく耳を傾けると、それは微かなカナカナカナという声。
ああ、ひぐらしだ。
朝と夕の涼しい時間帯に鳴く蝉だ。
やっと気付いた。

夏も折り返し地点を迎えたと、彼が言っているような気がした。

| | コメント (0)

広島原爆の日

今日は出勤。
なので黙祷をしている時間は無かったのだけれど、今日が何の日だったかは忘れていない。

遠い地の出来事のように感じていた広島での出来事。
数年前に偶然行くことになり、記念館とドームを見た記憶は、強烈に焼き付いている。

芸術的にも見えるようなドームの佇む姿。
その姿から何を感じるか、感じられるかは、生きている人々の心にかかっていると思う。
感じられなければ、それは只のガラクタになってしまう。

広島に原爆を落としたアメリカ人の子どもは、何故アメリカ駐日大使が式典に参列したのか、あのとき原爆を落としたことは間違ってないのに何故参列するのかと憤りを語ったらしいという記事を読んだ。

あのとき落としたことの賛否については、この際どうでもいいと思う。
大事なのは、これからどうするかじゃないか?
原爆を落とした人の、精神的苦痛が如何なるものなのか、『正しい』と思うことでしか心の平安を保てない程の罪悪感があったのかもしれない。
でもそれでは、今後変わっていけないと思う。
謝ることはしなくていいと思う。
ただ、悲惨さを受け止めて欲しい。
そのときの辛さを少しでも知って欲しい。
そんな風に思う。

私も…知らなければいけない。
沖縄と広島には行くことが出来た。
いつか、長崎にも行きたいと思う。

| | コメント (0)

何故人は壊れるのか

ときどき思う。
何故なんだろう?
簡単に壊れてしまう。

でも、簡単に壊れるなんて、みんな思ってないんだろうな。
だって壊れてないのが当たり前なんだもん。


今日、ある人と会話していて、あまりの成立しなさに苦笑いしたことを思い出して考えた。
うん。
病気は人を壊す。
いや、壊れるから病気なのか。


風呂上がりに涼みながらZEROを見ていたら、道尾秀介さんの紹介をしていた。
『月の恋人』の原作者らしい。
で、ミステリー作家だった。
どうりで!月の恋人が面白かった訳だ。納得。

初作品が絵本というところに惹かれた。
きっと、私もいつかまた絵本を描きたいと思っているからだろうね。
今度はもっと人に読んでもらえる絵本を描きたいと思うんだけど…何時になることやら。
老後まで想う夢かもしれない。
そんなのもいいと思う。
私がそれまで壊れなければの話。

| | コメント (0)

忙しいことの裏にあること

聞きたくない愚痴があるらしい。
職種が違うから想いも違うんだろうと思う。
でも、それだけ疲れてる、切羽詰まっているということも分かって欲しい。
それを受け止める訳じゃないのに、「それは嫌!ダメ!」って言われても、「理想から遠い」って言われても、気持ちで納得出来ない。

こちらの理想はもっと遠いところにあって。
それは、どうなるんだろう?
やりたいことが達成出来ない苦しさと、多忙な辛さの中、微妙なバランスを取りつつ仕事をしている今。
お互いにもう少し、大事に思わないといけないんじゃないかな?
それを伝えないと、思っているだけじゃダメなんじゃないかな?

お互いに思い遣れて、もっといい感じで仕事が出来たら…負担がもうちょっと少なくなるのにね。
ま、こうして愚痴が言い合える人が居るだけいいってもんでしょうか?

| | コメント (0)

いつも驚く

夜中にメールを打ったら、妹から電話がかかってきて長電話。
電話が終わった夜中に、HPをチェック。
嵐のNew Singleの発売のニュースを発見。
既に楽天の予約は締め切られている。
そこで今日の予定が決まった。

よし!今日はCDショップへ行くぞ。

そう思って明け方に寝て、起きたのは10時頃。
先ずはシャワーを浴びて、その後洗濯。
洗濯機を回している間に、残っていた野菜をコンソメで煮る。
これは今日の晩ご飯用。
それと同時に、お昼ご飯用にうどんを茹でて、生卵を乗せた生姜たっぷりのかけうどんを作る。
あとはきのこを切ってしょうが煮の準備をして、ゴミを出した。

洗濯物も干して、腹ごしらえも終わってから出掛ける準備。
CDショップへ行って予約をして、仕事用のストッキングと寝間着用のTシャツの下に履くパンツを買って、実家に寄る。
実家でぽんの話をしたり、妹と弟の話をしたり。
ぽんの話をしたら、ちょっと涙ぐんでしまった。
まだまだ家族の中で、彼の存在は大きいようだ。

実家で用事を済ませ、スーパーで買い物をしてから帰宅。
晩ご飯は、スーパーのパン屋さんで買った沖縄バーガーと、いろいろ野菜と静岡限定ウインナーのコンソメ煮。
食べたらお腹いっぱいで気持ちよくなっちゃって、18時から21時まで寝てしまった。

テレビをちょっと見て、シャワーを浴びてから涼みながらまたちょっとだけテレビを見て、明日のお弁当の準備。
カボチャを茹でて、きのこのしょうが煮を作って、朝ご飯が炊けるように準備をした。
流しも綺麗にして、気持ちいい。
ちょっと充実した一日だった。

| | コメント (0)

体重計

一人暮らしを始めてから、家に体重計が無かった。
実家と職場でたまに測る程度だったので、一時期いい具合に痩せたにもかかわらず、直ぐに元に戻ってしまった。

これじゃいかん!ということで、体重計を購入。
安物だけど、体重の他に体脂肪やら体水分率やら体格筋率やらが測れちゃう優れもの。
数値が合ってるかどうか、信憑性についてはこの際気にしない。
要は、一番最初より減ってれば良い訳だ。

で、次の日からせっせと測り始めてみて。
ちょっとずつ体重が減り始めてるのに嬉しくなって。
体重が減ると他の数値も動くのが面白かったり。
水を飲んだら水分が増えてるのも面白かったり。
測るだけでもダイエットになるかしらん?と思ってみたり。

基礎代謝量も出たりするので、良い目安にはなってるかな。
こうなったらタニタの社食の本も買ってみようか。


夜中に帰宅したら、隣の部屋のドア横でクマゼミが鳴いていた。
煩いので捕まえて、外へ投げてみた。
何処かへ飛んでいったと思う。
昼間なら何処で鳴こうと構わないが、夜はちょっと静かにしていて欲しい。
人間の点す灯りが彼らを狂わせていることは百も承知で敢えて言いたい。
「煩い」と。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »