« 倫理 | トップページ | ジャニーズライブ、デビュー♪ »

NEWS ZERO を見ていて

タイムリーにニュース番組を見た。
いろいろ思う事があったので、他のことも含めてちょっと記録しておく。

中国の暴動、あれは国民性を疑ってしまう。
自らを立派な国と大国と認識しているならば、もうちょっと品のある行動を取って欲しい。
デモをするなとは言わない。
でも、物を壊したり他人に危害を加えたりするのはやっぱり行き過ぎだと思う。
立派さが微塵も感じられない。
あんまり思いたくないが、最近は嫌なイメージばかりが蓄積してきている。

熊が殺されている。
元々山に生息していて、人里にはあんまり近づかない、頭のいい生き物。
それが人の居るところに現れるってことは、山で何かが起きているということ。
なのに何も考えず、危険だからと撃ち殺す。
確かに危害を加えたら餌が得られると学習してしまった熊は、殺すしか無いのかもしれないが…。
こういうこと、数年前にもあったじゃないか。
そのときも、殺すのは良くないとなったのではないのか?
何か不都合があると、その不都合を簡単に消そうとしてしまう。
それがもの凄く嫌な感じがした。
害があると判断されれば、情け容赦なく存在ごと消されてしまう感覚。
それでいいのかなぁ?
今日のZEROでは石で殴って熊を撃退っていうニュースが流れていて、撃ち殺したニュースは無かった。
襲われた人は大変だし、近隣住民の恐怖も分かるけれど…もっと何とか方法はないものかと思ってしまう。

何かを作り出すことを仕事にしようと思うと、どうしても「暮らしていけるか?」「成功出来るか?」考えてしまうし、いつしかノルマが課せられてくる。
それは自分で課すものなのか、周囲から課されるものなのか、二通りがあると思うけれど、いつしか子どもの頃のような自由な発想はし難くなっていくのが現実だと思う。
「…しなければならない」って、もの作りの幅が狭まってしまうし、苦しいよね。
発想を変えることでそれが取り戻せるのなら、それは素敵な方向転換だと思う。

それは他のことにも当てはまる気がする。
私がイライラしていることを、他の人が笑っていたことがあって。
それで「はっ!」とした。
イライラしているよりも、この状況を楽しめる方が、きっと気が楽になる、楽しくなるって。
それも似ているかもしれない。
味方を変えれば、全然違う色を放つものって、きっといっぱいあるんだろう。
それは月の満ち欠けのように、日に照らされたガラス玉のように。

遠回りも悪くないって言っていた。
私はきっと回り道ばっかりだけれど、私にしか見えない景色が、きっとある。
ゆっくり寄り道回り道だからこそ感じられるものが、きっとある。
そんな小さな「素敵」を探しているならば、こんな道も悪くないかも。
こんな遠回りの人生が、時に嫌になることもあるけれど、そんな風に思えたらちょっと楽になるね。

|

« 倫理 | トップページ | ジャニーズライブ、デビュー♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倫理 | トップページ | ジャニーズライブ、デビュー♪ »