« 私が戦うべきもの | トップページ | 上に立つということ »

地震が残すもの

東海地震が近いうちに起きるかもしれない。

それはもう、仕方ないことなんだと思う。
それで逃げられなくても、それは仕方ない。

でも…
もし命拾いしたとして、その後放射能に苦しめられるのは何か違うと思う。
福島原発に次々とトラブルが起こった為に、近隣住民の被災による救助も避難も物資も滞ったりしているのを見るし、そのトラブルによってこんなに離れた場所に居ても毎日が不安で一杯になっている。
何事も無ければそれはそれでいいけれども、何かがあってからでは取り返しがつかないのだと思い知る。

直下型地震がもういつ来てもおかしくない場所に原発があることを、今までも怖いと思わなかった訳じゃない。
でも、「万全の耐震設備です」という言葉を半分信じていた。
だけどもう、この言葉は信じられない。
不安を解消する為に様々な情報を集めようとすればする程、そう思う。

『備えあれば、憂いなし』という言葉がある。
この場合備えとは、稼働中の原発に何かが起こっても大丈夫なように対策することじゃなく、何かが起こる前に原発を一先ず停止することなんじゃないかと思える。

この不安だけは、どうにもこうにも自分じゃ解消出来ないんだよね。
日本が全滅するんじゃないかとさえ思えて来てしまう。

福島原発が何とかなって、落ち着いて欲しいと切に願う。
でも、そうしたらこの大惨事も東海村の臨界事故みたいに、過去のものとして忘れられちゃうのかな?
そうしてまた同じ過ちを繰り返そうとしてしまうのかな?

今、頑張って事態を何とか収拾させようとしている人達が居る。
『名もない勇者たち』と言われる人達。
今私達の生活を、安全を、確保すべく戦っている人達。
こんな場所で不安に押し潰されそうになっている私には、到底真似出来ないことだし、本当に頭が下がる。
もう二度と、大変な思いを抱えながら危険な場所で命をかけて仕事をする『名もない勇者たち』を出さない為にも、これからのことを真剣に考えなきゃいけないんじゃないかなと思えてならない。

折しも今日はエクストラスーパームーンが見える日だとか!?
ちょっと見たけれど、本当に綺麗で明るい。
何事もなければ、この月を「綺麗だね」って見上げていた人がもっといっぱい居たのかな?
今頑張ってる人達の何人かは、この空を見上げたりしてるのかな?
いつもより輝きを増しているこの月が、優しく照らしたこの世界は、空からはどんな風に見えるんだろうか。

|

« 私が戦うべきもの | トップページ | 上に立つということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私が戦うべきもの | トップページ | 上に立つということ »