« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月の13件の記事

梅雨入り早過ぎ

27日に梅雨入りし、スッキリしない天気が続いている。
部屋の湿度計を見ると、なかなかの湿度。
床も何だかしっとりしている。

今日もちょっと晴れるかな?なんて期待したけれど、空は直ぐに雲で覆われてしまった。
来月泊りに来る従妹のために、布団が干したかったのに。
予想以上に梅雨入りが早かったので、少々予定が狂った。

洗濯をしたかったのだけれど、仕方ないので洗濯は止めて、寝た。
そうしたら寝過ぎた。

起きたら出掛けようかとも思っていたのだけれど、諦めた。
それだけ疲れていたって事でしょう。
今は休む時期なのかもね。

| | コメント (0)

痒い!

とっても大人しくしてたのに…(←あんまり関係ない)
昨日の注射の刺入部辺りがとっても痒くなってきた。
しかも若干腫れている。

ううう。
これが嫌だったんだ。

あと二日間お休みがあるけれど…
大人しくしてようかな、雨だし。

| | コメント (0)

渋々

弱くなったHB抗体をつけるべく、3回目の注射をすることに。
以前つけたのが弱くなってしまったのが原因。

で。

1回目で反応が強かったので、もう抗体は復活したと思うのに、規定だからってちゃんと最後までやらなきゃいけないんだそうで。
B型肝炎へ感染を防ぐためとは言え、何とも理不尽な思いが拭えないのだが、ブツブツ先生にいろいろ言いながらもやっていただいた。

注射ってさ、針を刺す時より液が注入されるときの方が痛いんだよね。
それは施行者の腕とか関係ない訳だし。
いっぱい予防接種打たなきゃいけない子どもとかは大変だ。

そんな渋々のことばかりじゃなく、いいことも。
明日急遽有給とっていいってことになった。
他にも有給をあんまり取ってない人もいるから遠慮しようかと思ったのだけど、明日のメンバーの中では私が一番いいのだと。
そして、多く休むことで、手を休めて結構酷い湿疹が少しでも良くなるといいねって言われた。
今の職場の人は、みんなとっても優しい。
それぞれポイントは違うけれど、みんな優しい。
そんなことを感じた。

| | コメント (0)

マッサージクッション

洗濯物を洗っている途中で寝てしまい、暫く洗濯機に放置してしまった。
夜勤明けは油断禁物か!?

ちょっと見たいものがあったので、ルピシアとジル・スチュアートのお店を目指して街中に繰り出す。
でもそのお店では買い物をせず、ふらっと立ち寄ったCALDYと雑貨屋さんで買い物をする。
別のお店で買ったときよりも安く手に入るものがあって、テンションUP!

昨日職場で「メレンゲの気持ち」を見たのだけれど、その時アジアンの馬場園さんが持っていたマッサージクッションが雑貨屋さんに置いてあるのを発見!
お試し用のクッションがあったので、早速試してみた。
お店じゃジャストフィットは難しかったけれど、家でジャストフィットさせたら結構いいんじゃないかな?と思える感触。
店員さんと話をして、Sタイプのちょっと小さいのを購入することにした。
色は部屋の色に合わせてチョコブラウンに決めた。
店員さんの話では、母の日のプレゼントに買った人も多かったみたい。
うちの母も、肩凝りが酷い人なのでこれは使えるかなぁ?
ひとつ買って、実家に持って行って、母が気に入ったら買ってもいいかも!?

ひとり暮らしで肩が凝るとどうにも出来なくて結構大変だけれど、これでちょっといいかもね。

| | コメント (0)

歓送迎会でした

今日は3月に移動したフロアの歓迎会だった。
本当は3月中に実施される予定だったのだけど、地震の影響で延期になっていた。
3月退職者は残念ながら別の形で…ってことになったらしい。
私は、4月に移動になった人達と一緒に歓迎してもらえて、ちょっと嬉しい。

あんまり緊張しているとお酒を飲んでも全然酔えないんだけれど、今日の飲み会はとっても楽しくて、ちょっと陽気になった。
多分結構酔っ払ってた。
何故か歳を重ねる毎に、少しずつ心が自由になっていく感じがする。
今が一番いい時期なのかもなと、思ったり。

私の旬は、どうやら他人よりかなり遅めらしい。

| | コメント (0)

ミニスカートは何歳まで?

職場で、ひょんなことからスカートの話になった。
で、疑問をぶつけてみた。
「ミニスカートは何歳までOK?」

30代後半はちょっと…という意見もあったが、越えててもあの人なら大丈夫とかいう感じでもあり。
結局、その人のイメージとか雰囲気にも左右されるようで、「似合えばイイ!」ということに。
客観的判断を主観的な自分に求められる、それが一番難しいんだけれどね。

要は着た者勝ちか!?

話は発展し、今度の歓迎会に膝上のスカートを履いて行くことに。
どうなる!?歓迎会。

| | コメント (0)

ワイルドストロベリーの香り

いいお天気だったので、ベランダに洗濯物を干して、窓を開けて過ごす。
窓から入ってくる乾いた風に乗って、甘い匂いが漂ってきた。

犯人は、引っ越し当初からベランダで育てているワイルドストロベリー達。
今年も沢山の花を咲かせた。
その花が実を付けて、その香りが風に乗って部屋に入ってきた。

アロマテラピーって程のものじゃないかもしれないけれど、ちょっとした癒しになっている♪
ちなみに、
白実とミグノッティーとピンクパンダという、それぞれ違う個性のワイルドストロベリー達なので、白い花とピンクの花、白実と赤みといった感じで、見た目もかなり楽しませてもらっている。

たまに、飲みきれなかった牛乳や米の研ぎ汁などを肥料代わりに鉢に入れるんだけど、その所為か今年はとっても元気がいい。
まだまだ油断は出来ないけれど、去年と違って今のところ変な虫も居ないみたいだし、嬉しい限り。

| | コメント (0)

GANTZ-PERFECT ANSWER-

以前GANTZを一緒に観た友達と、また一緒に観てきた。
朝イチの上映は、やっぱり空いてて観やすい。

一番に思ったのは、前回程の嫌悪感を感じなかったこと。
アクションシーンが無かった訳ではない。
寧ろ今回の方がアクションは見応えがあったと思う。
世界観に慣れたのかな?

誰もが納得するパーフェクトな答えが得られるのか?
そのサブタイトルにはどんな意味が含められているのか?
そんな疑問に対する答えも出るのかと期待。

最低限の犠牲で、最大限の効果を得るためにはどうすればいいのか?
私は誰かの犠牲になることが出来るか?
何の為に生きるのか、生きたいと思うのか?
やりたいことのため?
愛する人のため?

玄野計は加藤が死んだことで、生きる気力を失っていた。
その玄野に生きる気力を与えたのは多恵だった。
そんな多恵は玄野にとってかなり特別な存在だったんだろうね。
黒服の敵も、復讐していた。
人間と同じ心で、でももっと残虐に冷酷に戦っていた。
残虐に冷酷に見えるのは、きっと仲間じゃないからなんだろう。

あと、どこら辺からか分からないけれど、見ていてふとミスチルのHEROを思い出した。
あのHEROとは玄野はきっと考え方が違うんだろうな、あの歌詞はどっちかっていうと加藤に近いかもな、それがそれぞれの個性=考え方の相違ってもんだろうな…なんて思った。
ヒーローの『形』はきっとそれぞれに違うだろうし、どんなヒーローを『格好いい』と思うかも、受け止め方だってその人それぞれ違うんだろう。

PERFECT ANSWERとは…
登場人物誰もが納得するハッピーエンドではなかったと思う。
守れない約束があったり、消えたものがあったり。
それでもこの答えは、ヒーローでありたいと思った、みんなを守りたいと思った玄野にとってはPERFECTな答えだったんじゃないか?そんな風に思う。

夕方、実家に寄り絵本『ぼうしのとり』を10冊手にして出掛ける。
今、東日本大震災に絵本を寄付しようという運動があって、それに参加するため。
問い合わせたら、自費出版の本でもいいって了承を得られたのと、小学校で読まれた経緯もあるので、いいかなぁと思って。
これが誰かの為になるなら、ほんっと嬉しいんだけどね。

それから2月まで働いていたフロアでの歓送迎会に参加。
こちらも震災で開催が遅れていたため今になった。
まだ、このフロアの仲間と飲んだ方が雰囲気がしっくりくる感じがあるけれど、今のフロアにも段々慣れてきているのは事実。
それでも…仲良くしていたいななんて思ったりする。

| | コメント (0)

夏野菜カレー

スーパーで夏野菜をよく見かけるようになったことと、野菜いっぱいのカレーが作りたくて、夏や再カレーにチャレンジ。
ネットでどんな野菜を入れているのか見つつ、調整。
でも、結局具沢山になっちゃうのよね。

豚コマとタマネギと茄子とカボチャとズッキーニとパプリカを適当に切って使用。
あとはカレールウの箱に書いてある通りに作る。
それから、カボチャを入れるとちょっと甘くなるということなので、ガラムマサラを追加。

そんな訳で、昨日の夜作ったカレーを今日のお弁当にした。
昨日はあんまり甘いって感じがしなかったけれど、今日はカボチャの甘味が増している気がする。
でもそんなに嫌な感じではない。

野菜も沢山摂れるし、結構気に入った!

| | コメント (0)

ネギの豚肉巻き

ゴボウとニンジンとインゲンや、アスパラガスで肉巻きを作るのが結構好き。
なので、月刊ザテレビジョンの嵐のページに載っていたネギの豚肉巻きをやってみようと、ネギと豚バラ肉で調理。

たまたまあった豚バラ肉が短いものだったので、ぐるぐる巻くのは諦めて、切ったネギにくるっと一周巻くことに。
爪楊枝で肉を止めた方がいいのか悩んだが、そのままチャレンジ!
更に、うちは魚焼きグリルも網焼き器もないので、フライパンで焼く。

加工処理されたフライパンなので油は敷かずに焼いたのだが、肉の脂がもの凄い。
しかも焼くと巻いてあった肉が剥がれてくるものも。

でも、剥がれたものもありつつも、何とか形に。
また、余ったネギも肉の脂で焼いてしまう。

カマンベールチーズは無かったので、普通のチーズを溶かして付けてみた。
それも美味しかったけれど、それよりもチーズが無くなってしまったために使ったキューピーの大根おろしのタレの方がさっぱりしていて美味しかったかなと思う。
チーズの種類も関係しているかも!?

| | コメント (0)

柏餅

気付けば子どもの日だった昨日。
今年は柏餅も食べずに終わるかな〜なんて思っていたら、母がみそあんのを買っておいてくれた。
「来るかどうか分からなかったけれど、あんた好きだから買っておこうと思って」
だって。

で、昨日帰りに貰って帰って来た。

今日、すっかり忘れていたのだけど冷蔵庫を開けて発見!
ちゃんと食べた。

やっぱりみそあんは美味しい。
他のは何となく似たものを食べられるけれど、みそあんのは今しか食べられない気がするし。
何処かに写真も載せたよな?とか思いながら、過去のblogを見てみた。
2006年、ぽんと一緒にみそあんの柏餅を食べていた。
懐かしいね。

浜岡原子力発電所運転停止の指示が総理大臣から出たというニュースがあった。
今のままじゃ、確かに不安だ。
福島は他人事ではない。
いや、断層の上にある浜岡原発は、福島以上の事故を起こす可能性だって未知だと思う。
だから、ある意味大きく意味のある決断だと思った。
でもきっと…福島の放射性物質の流れを見て、浜岡原発が大事故に遭遇した場合首都圏への影響がかなり大きいってのが一番の理由なんじゃないかと思う。
何だかんだ言っても、”首都圏”ってのがいつも一番護られているよね。

| | コメント (0)

芝桜と花鳥園

友達とお休みが合ったので、車で本栖湖のところまで芝桜を見に行った。
天気は生憎の曇り。
そして芝桜は2分咲き。
今年は開花が遅いのだそうな。

それでも、歩いたり食べたり買ったりして、富士芝桜まつりを楽しんだ。
桜道明寺プリンは、一番下の真ん中に桜あんが入っている、桜風味いっぱいのプリンだった。
桜コロッケは桜の葉っぱなどが入っている、これまた桜風味のコロッケだった。
桜豚まんは富士桜豚の豚まんらしい。
薄味だったけれど、温かくてとっても美味しかった。
実家にはお菓子の他に芝桜の苗を買って帰る。

帰路の途中で道の駅に寄り、ベーコンとか偶然見つけたはなびらたけを購入。
また帰路の途中で富士花鳥園に寄り道。
沢山のベゴニアの花に囲まれつつ、フクロウのショウを見た。
その後もフクロウやインコ、エミューなどと触れ合い、園を後にした。
偶然、フクロウの食事風景も見た。
うん。生き餌ではないけれど、ヒヨコやラットに気持ちを持って行くと若干きついかもね。
フクロウはそれなりに、野性味を見せつつ食事をしていた。

道も思った程混んでなくて、スムーズに帰宅。
それから買い物がてら、実家にお土産を届けに行きつつ晩ご飯をいただく。
連日実家ご飯となった。

| | コメント (0)

春の味覚

母が「お米でパンを作れる機械が欲しい…かも」というので、そのカタログを貰って実家に届けた。
その流れで、晩ご飯を実家で食べる。
今日は柿の芽の天ぷらを食べた。
庭の柿の芽の天ぷらは、春しか食べられないもの。
久々に食べたそれは、とっても美味しかった。
自分で作る天ぷらもいいけれど、人に揚げてもらう天ぷらもいいもんだ。
それから筍で作ったメンマと実家で採れたゴボウの煮物が美味しかった。

夕ご飯も食べてのんびりして、さあ帰ろうと玄関に向かうと、以前ケージが置いてあった場所にいつものようにぽんが居る気がした。
それは確かな感覚じゃなくて、何となくふわっとしたもの。
「いってくるね」といつも挨拶していた感覚が玄関を出ようとするときにふっと戻ったのかも!?
もう2年以上経つのに…。

でもきっといつも、傍に居る。
ときどき、そんな風に思う。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »