« 天ぷら | トップページ | 芝桜と花鳥園 »

春の味覚

母が「お米でパンを作れる機械が欲しい…かも」というので、そのカタログを貰って実家に届けた。
その流れで、晩ご飯を実家で食べる。
今日は柿の芽の天ぷらを食べた。
庭の柿の芽の天ぷらは、春しか食べられないもの。
久々に食べたそれは、とっても美味しかった。
自分で作る天ぷらもいいけれど、人に揚げてもらう天ぷらもいいもんだ。
それから筍で作ったメンマと実家で採れたゴボウの煮物が美味しかった。

夕ご飯も食べてのんびりして、さあ帰ろうと玄関に向かうと、以前ケージが置いてあった場所にいつものようにぽんが居る気がした。
それは確かな感覚じゃなくて、何となくふわっとしたもの。
「いってくるね」といつも挨拶していた感覚が玄関を出ようとするときにふっと戻ったのかも!?
もう2年以上経つのに…。

でもきっといつも、傍に居る。
ときどき、そんな風に思う。

|

« 天ぷら | トップページ | 芝桜と花鳥園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天ぷら | トップページ | 芝桜と花鳥園 »