« トウモロコシのヒゲ | トップページ | 土用の丑の日 »

父の病

先週末の夜、母から電話があり、父の健康上の相談を受けた。
新聞の医療記事が好きな母は、結構医療知識があって割と的確な判断をしていた。
電話で聞いたところ、1週間くらい前から左鼠径部にぽっこり柔らかい膨らみがあるらしい。

「多分脱腸だと思う」
「放っておいたら大変なことになるかもしれないから、医者に行けって言ったんだけど」

そうだね、その通りだ。

普段病院に縁がなく、毎日ジョギングする程元気な父としては、病院に行くこと自体に乗り気がしないらしい。
気持ちは分かるんだけれどね。
腹膜炎にでもなったら一大事なので、早く受診するようにとすすめた。
先ずは祖母がお世話になった近医に、週明けに受診するようにすると言ってその日の電話は終了。

週明けの火曜日に近医を受診し、やっぱり鼠径ヘルニアと言われたらしい。
それから翌日総合病院への受診をすすめられたと報告される。
何故か連絡は全て母。
父は人に説明するのが苦手なのか?
それともこの手の話が苦手なのか?

そして今日、手術と入院が決まったと連絡を受けた。
入院中、何かしてあげられることがあればなぁと思う。
仕事の予定が問題だけど。

加齢に伴ってなりやすくなる病気のひとつ。
父も年齢よりも若く見えるし元気とは言え、歳をとったんだなぁ…と改めて実感する。

|

« トウモロコシのヒゲ | トップページ | 土用の丑の日 »

コメント

うちの父も去年手術しました。
お母様と娘さんの的確な判断で受診されてよかったですね。
娘との連絡ってやっぱり父親はなかなか取りづらいのかな?
お父様、お大事に。

投稿: ぽん | 2011年7月22日 (金曜日) 23:21

>ぽんさん
ぽんさんのお父さんもですか!
実習のときに、そんな患者さんに出会ったような記憶もあるのです。
確か60歳代だったような…。

うちの父は、一緒に出掛けたりは全然気にならなみたいなのに、電話だと何だかダメみたいです。
ヘルニア、「触ってみるか?」って言われて触らせてもらっちゃったし。
こっちが戸惑う位です。

母が一緒にいる間は、きっと母が対応してくれるので大丈夫でしょう。

投稿: このは | 2011年7月23日 (土曜日) 17:24

ごぶさたいたしております。

父親としては、医療従事者でおられるとはいえ、
娘にヘルニアの話をするのは恥ずかしいのでは、と思います。
(私なら見せたり触らせたりもたぶんちょっと…)

電話だと顔が見えないだけかえって
距離感が測れず、照れるのかもしれませんね。

投稿: musina | 2011年7月25日 (月曜日) 08:24

>musinaさん
こんにちは、お久しぶりです。

うちの父はかなりオープンな人なのです、多分。
流石に見せられたりはしなかったですが。
それか、不安だったり私のためと考えていたりという部分もあったのかもしれません。

距離感…確かにそんな感じがあるかもしれません。
気付きませんでした。

投稿: このは | 2011年7月25日 (月曜日) 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トウモロコシのヒゲ | トップページ | 土用の丑の日 »