« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月の14件の記事

車検とレンタカー

今の車を買ってから、初めての車検。
お休みだけど早く起きて活動。

代車はレンタカー。
ダイハツの軽自動車、ミラ。
普段はマニュアルミッション車を運転しているので、久々のオートマ車の運転。
車高も低いし操作も怪しいし…ってな訳で、ドキドキ。

乗ってみて…
左半身の手持ち無沙汰加減が微妙なのと、しっかり止まらず勝手に進むことに違和感を感じて、やっぱり馴染めない。
ま、あと数日運転すればきっと、オートマ車にも慣れるんでしょうけど。
そんな訳で、家に帰るときにスーパーに寄った位で、何処にも行かずお店と家の間しか運転しなかった。

車検は無事終了。
何やらタイヤに釘が刺さってパンクしていたらしく、タイヤを変えるかどうかのところまでいったらしい。
全く気付かなかった!
半年点検をしているので、この半年間の間に何かがあったってことなんだけど…。
心当たり全くなし。
いや、何処かで音くらい聞いたかもしれないけれど、多分気付かなかったね。

タイヤの側面に近い方だったということで…
四駆のでかいタイヤだと普通のタイヤよりお高いので、少々心配もしたけれど、今回は何とかなったらしい。
有り難い。

で、愛車に乗ってちょっぴりショッピング。
やっぱり眺めはいいし、運転しやすいし、好きだなこの車。
(その割には全然手入れしませんが;)

ガソリンも入れて、気分上々♪

…とまあ車のことはこんな感じで、大体上手くいった。
でも、ベランダでは今年も事件発生!

鉢の乾き方がおかしいぞと、何で土がそんなに湿ってるんだ!?ということで気付いたのだが…
またコガネムシにやられた!!
今のところ、ひとつの鉢だけだけれど…どうなる!?ワイルドストロベリー達!
ミグノッティーは昨年に引き続き、今年も一番被害に遭っている。
(根っこが殆ど食われている。でもその後水栽培で完全ではないけれど復活)

ちなみに…多分鉢の仲には数匹の幼虫が在住していると思われるが、食べ物が無くなったので飢えること必死。
仕方ないね。
どのみちこんな小さな植木鉢で沢山成長しようってのが間違ってんだ。

| | コメント (0)

大雨につき、増水

昨日夜から激しく降り出した雨は、強い風を伴ってベランダを濡らしていた。
おかげで窓を開けていられず、殆ど閉めて扇風機で風を起こしながら眠った。

早朝、仕事のために起きる。
雨は相変わらずで、乗ったは良いものの車から降りるのが嫌になる程。

職場への道のりの途中に、川がある。
昨日の夕方職場から帰るときにはそうでもなかった水位が、たった12時間でかなり増えていた。

山の上でも大雨だったのかな?
きっと広範囲に降っていたと思われる。
あちこち注意報も出ていたらしいし。

以前は大雨によりよく氾濫した職場近辺も、遊水池の整備によりある程度持ち堪えられるようになり、道路にまで水が流れ出ることは少なくなったように思う。
多分良いことだけど、思い出の景色が変わることに胸を痛める人も居るのかなと、ちょっと思った。

雨は午後、職場から帰宅する頃には小降りになっていて、傘も要らないくらいだった。
だけど、増水した川の水位は相変わらず。
直ぐに水位が下がってくることを祈る。

| | コメント (0)

24時間テレビ

昨日の夜は仕事だったので、ビデオに撮って櫻井くんが出るところを見逃さないようにした。
その流れで、久々に24時間テレビを結構見た。

ある人は偽善だという。
ある人は金集めだという。
それも事実のようにも思う。

でも…例え偏見でも偽善でも。
見ることをしない人が、手を差し伸べることはない。

知る機会をくれるという意味では、意義があるのかも!?

ただ、番組のコンセプトは何だ?と思うところもしばしば。
障害者(若者)が何かにチャレンジする企画が目白押し!といった印象は否めない。
これじゃ、何処かのボランティア団体がやっていることと変わらないような気がする。
それよりも、チャンスが平等でない分もっと悪いかも!?
今回はもっと、なかなか陽の当たらない被災地や震災の影響を受けた農業・漁業・酪農関係の頑張る人とか出るかとも思ったのだけど…。

本当に底辺で黙々と頑張っている人は、なかなかテレビには出ないもんだよね。

| | コメント (0)

じわじわと噛みしめる

仕事が終わってから、一緒に仕事をした人と長々話し込んでしまう。
そのとき、ぽそっと「話していると楽しい」と言われた。

独特の個性があるだろうから、受け入れてもらえないと言われないであろうこの言葉は、私にとってとても嬉しい言葉。
勿論、私もその人が好きだからそう思うのだろう。

帰りの車の中、ちょっとニヤニヤしちゃった。

先日、「変わった」と言われたことについても、その後考えた。
以前のフロアは年配の方が多かったので、低めで落ち着いた声になってきていたような気がする。
でも今のフロアは小さい子どもにかかわることもあるし、ちょっと高めの声の方がいい感じがしていた。
話す声のトーンが変わったのかもしれない。
もしかしたら表情の作り方も変わったかもしれない。
相手に対応して自分を変化させることが出来るのは、ある意味良いことなのかな?

| | コメント (0)

父、退院す。

今日も仕事。

今日は妹がお休みだったので、父の病院には母と妹が行ってくれる予定だった。
そうしたら、妹の旦那さんも付き合ってくれたそう。
有り難いですな。

父は予定通り、入院が長引くこともなく、本日午後退院したらしい。
家にも電話して、声を聞いた。
今日は、私が行かなくても大丈夫そうなので、真っ直ぐ帰ることに。

お酒が好きな父なのだけど、いつからお酒を飲んで良いのか聞いてくるのを忘れたらしい。
次の受診は1週間後。
それまで断酒のようだ。
ま、良い休肝日だね。

| | コメント (0)

父、手術す。

私は仕事だったので、いつものように出勤した。
でも、午後になって父の手術予定の時間が近づくと、時計を見る回数が増える。

今頃ope室に入ったかな?
麻酔かかった頃かな?
挿管チューブはもう入れられたかな?
そんなことを考えた。

昼休みに、今日母と一緒に付き添う弟にメールをして、手術が始まったときと家に帰るときにメールが欲しいと頼む。
母は携帯を持っていないのだ。
持ったら使いそうなのに…。

仕事が終わったらメールが届いていて、ほぼ予定通りの時間にope室に入室したことを知った。
んで、今から着替えてそっちに行くよとメールを打った。
ちょっとして、待ってるね♪と、弟から返事があった。

病室へ行くと、麻酔から覚めてはいるものの、まだ若干ぼーっとしている父と顔を合わせる。
腹腔境下で全身麻酔で行われたので、余程のトラブルが無い限り大丈夫だとは思っているものの、矢張り顔を見るとホッとした。
点滴を右手から行っていつつナースコールも右手に握り、酸素をマスクで使っていて、バルーンカテーテルで尿を体外に排泄し、ベッドに仰向けでじっと横になっている父。
取り敢えず21時まではそのままでいなさいと言われたらしい。
はじめはテレビも「いいよ」と言っていたけれど、ひとりであと2時間余待つのは段々苦痛になるだろうからと、リモコンとイヤホンを勧めNHKをつけた。
顔を見たら、「帰ってもいいよ」と父が言ったので、みんなで病院を後にした。

手術のとき、おかみさんから言っておいでと出してもらえたらしく、妹もずっと付き添っていたらしい。
そんな訳で、帰りに妹の嫁ぎ先のお店へ食事に行った。
天然ヒラメに新サンマ、メバチマグロにマグロのしゃぶしゃぶ、アジの骨唐揚げなどなどを食べた。
母はマグロのポンカラが気に入ったらしい。
父が完全に回復したら、またみんなで食べに来ることを約束した。

メニューに『特大ガレージ』なるものがあり、何なのか分からなかったので弟に聞くと、弟は写真を見て「シャコ」と教えてくれた。
それを聞いて、「ああ!だからガレージなんだ」と私が答えたら、ワンテンポ空いてから弟が「そういうことか!」と笑った。
洒落たメニューもあるらしい。
いつか注文してみようかな。

後で、父から母に用事ついでに電話したときに「早く来い」って言われたと聞いた。
父も心細かったらしい。
まあ、初めての入院で初めての手術だから、当然っていえば当然かも。
私もさらっとしているし違った意味で病院には慣れているけれど、きっと自分だったら心細くて、言葉に出さなくても誰か傍に居てって思うだろうしね。

父は3枚のメッシュシートを入れたらしい。
1枚は飛び出た左の鼠径ヘルニアのところ、あとは左右に1枚ずつ弱い部分に入れたそうな。
弱い部分には、今後同じように鼠径ヘルニアを起こさないように、その度に手術をすることがないようにとの予防策とのこと。
何はともあれ、暫くはこれで安泰ならそれがいいね。

| | コメント (0)

父、入院。

約1ヵ月前に発覚した父の鼠径ヘルニア。
手術のため、今日入院した。
手術は明日の予定。
腹腔境下で行われるため、全身麻酔をし、その為に挿管チューブも入れるらしい。

ふんふんと調子良く話を聞いていたけれど、本当にちゃんと理解しているのかな?お父さん。
一応、度々確認してみる、ちょび助な娘。

今まで病気らしい病気をした事のなかった人なので、最初はそれなりにショックだったらしい。
でも受け入れるのがとても上手な人なので、入院しちゃえばベッドにあぐらをかいてナンクロに熱中と普段と変わらない様子。
寧ろ平静を装っている母の方が心配性で強がりなので、緊張してるかも!?
凸凹でいい感じだ。

病院でイヤホンをつけてみて、父の難聴具合が明らかになる。
片方が聞こえ難いみたい。
前から耳鳴りがするんだったら、ちゃんと受診しておけば良いのに、病院になかなか縁のない人だから受診自体が嫌なのでしょうな。
これで病院に慣れて、具合が悪いところがあったら自主的に受診してくれたらと母がこぼした。
でもそういう母も、具合が悪くても病院を嫌って受診しない困ったちゃんなのだ。

仕事があるので今日だけしか付き合えなくて、明日は仕事が終わってから顔を見に来る程度しか出来ないけれど、何をしてても何処に居ても、無事を祈るのみ。
明日の付き添いは、母と弟の予定。

| | コメント (2)

戴く言葉

昨日、一緒に働いている人に、唐突に「癒し系だよね?」と言われた。
いつもニコニコしていのもそう思われる一因らしい。
それは中学のときにも言われたな。
その時は「何が楽しくて笑っているのか」と嘲笑われるように言われたっけ。
でも、今はきっとそれがプラスになっているのだと思う。
変わらずに持っていて良かった。
無くしかけたときに支えてくれたのは、妹だったっけ。

今日、以前一緒のフロアで働いていた人に久し振りに会い、「変わった」と言われた。
何が変わったのか分からず、その変わったところを尋ねたけれど、「分からんのか?」と教えてもらえなかった。
一体何処が変わったのか?
自覚はまるっきりないけれど、いつか「ああ!」って思えるときが来るのかな。

素敵な言葉をもらうと、嬉しくなる。
本当は腹の中は真っ黒なのに、それでも「優しい」って言ってもらえると、「雰囲気に騙されてるぞ」って思いながらもこそばゆい感じの嬉しさがあったりする。

| | コメント (0)

政治家はいじめ集団か?

管首相への退陣要求は、結局曲げられることはなかった。
内閣不信任案が否決された後あれだけ震災の復興が先と言われていても、結局マスコミすら退陣を煽っているようにしか見えなかった。

菅さんが突然言った「浜岡原発運転停止要求」。
当時凄く周囲から非難されていたが、じゃあ周囲は相談出来る存在だったのか?と思う。
誰かに事前に言えば潰されてしまうなら、突然言うしかないんじゃないだろうか?

民主党も自分たちの党首を支えるどころか非難して、自民党も公明党も震災の復興が大事と口では言いつつも政権奪取のことしか考えていなくて。
菅さんだけを悪者にして、「あんな人の元では何も成せない」と責任を全て押し付けているけれど、政治家って大人だよね?社会人だよね?
会社員ならば例えどんなに上司が無能と思われても、それを支えて良い方向に持っていくしかないでしょう。
頭をコロコロ変えることで、国民に何のメリットがあると言うのだろうか?

菅さんが何も出来ないように様々な人が動きを封じておきながら、「何もしていない」「何も出来ない」と文句を言う。
今の政治家って、国を運営するんじゃなくて、政治家同士で派閥抗争やいじめをしているようにしか見えない。
こんなんじゃ、国や政治に期待なんて出来ない。
実際政治家はこの現状をどう思っているのでしょうか?

| | コメント (0)

リフレッシュ

溜まった洗濯物
全部干した

風にひらひら
揺れてさらさら

乾いたかな?

溜まった汚れ物
全部落ちた?

手振れひらひら
涙さらさら

流れたかな?

| | コメント (0)

試験を受けてきました

全く勉強をしないまま、2日間の試験を受けてきた。
なので、殆ど自分の中にある知識だけで受けたっていう事。
それで合格出来る程甘いものじゃないことは知っているけれど、勉強出来なかったとしても受けないとならない理由もあったりして。

帰宅後速報で答え合わせをしてみる。
うん。
落としちゃいけない科目で赤点を取っちゃったっぽい。
今年は無理だな。
来年は、科目をちょっと絞れるので、今度は勉強してチャレンジしよう。

昨年受け忘れなければもうちょっと楽に行けたのに。
来年も申し込みを忘れないようにしなければ!

| | コメント (0)

箱根ベーカリー

三島駅北口にあるパン屋さん、箱根ベーカリー。
3年前に三島に行ったときに知り、美味しいパンを買って帰った記憶がある。
初めて行ったときに買って帰った天然酵母のクロワッサンを、ぽんも美味しそうに食べた。

去年は忘れてて三島に行くことはなかったけれど、今年は再び新たな資格を取得するために奮起。
ただ、日常生活にいっぱいいっぱいで、なかなか勉強出来ず、ほぼぶっつけ本番だったのは否めない。

帰りに箱根ベーカリーでパンを買う。
天然酵母のクロワッサンは勿論、箱丹ミルクブレッドなどなど、たまにしか来れないためしこたま買い込む。
明日も来るのにね。

天然酵母のクロワッサンも、メロンパンもミルクパンもどれも美味しかった。
きっと近かったらいっぱい通ったんだろうな。
何となく、写真のぽんに話しかけながら、食べた。

| | コメント (0)

洗濯物で涼しさを

田んぼの上を走ってきた風は、冷たくて涼しいとよく聞いた。
それと同じ効果を狙って、ベランダに洗濯物を干す。

濡れた洗濯物の間を通り抜けた風は、水分の効果で若干冷たいような気がする。
洗濯物もさっぱり乾けば、気分も上々。

今日は昨日の残り湯で洗濯したので、洗剤の匂いとは違う匂いがした。
クナイプのヘイフラワーの香り。
最後のすすぎは、裏に書かれてる通り清水でやったんだけどね。

一時的なものなのか、乾いてるときも匂うものなのか分からないけれど、嫌な匂いじゃないからいいか。

| | コメント (0)

震度5弱〜4

起きてからZEROの後半を見つつ身支度を整える。
櫻井翔くんの顔を見て、よし!出掛けるかと洗面台の前に立っていたらグラッと揺れた。

8月1日23時58分。
3月11日のときと揺れ方が違い、震源地が近い揺れ方。
最初に小さく揺れた後大きく揺れたため、それ以上大きな地震が来るのかと、いよいよ東海地震が来るのかと、一瞬緊張。
一瞬にして世界が崩れる恐怖を、少しだけ体感。

立っていられない程の揺れはなく、震度は5〜4くらいだと推測出来た。
倒れたものは棚のCDくらいで、以前明け方にあった地震よりもちょっと軽い揺れだった印象。

そのときちょうど外で男の人が話す声がして、部屋から出て行くのに躊躇。
地震が起きたためたまたま居た人が声を出しただけだと思うんだけど…。
ドアの外に人が居るってちょっと出辛い気がする。

出掛けるときにはもう外に人は居なくて、走っている車も少なかった。
でも気持ちは落ち着かず。
仕事に行っても話は地震のこと。

それでも徐々にざわざわしていた気持ちも落ち着いて、仕事は普段通り経過。
で、朝になって他のスタッフが出勤してきたら、また地震の話。

そこで、同僚に「(地震)気付いた?」と言われた。
勤務を知っている筈なのに?忘れてる???
思わず「知ってるよ、夜勤だもん。起きてて気付かなかったら、違った意味で吃驚だ!」と返す。
其処に居た人達で大笑い。

何やら東海地震との関連は否定されているらしいけれど、近々余震があるかも!?との噂もあったりして、微妙。
これこそなるようにしかならないことなので、自然の流れに身を任せるしかないんだけど。

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »