« すき焼き→卯の花 | トップページ | チンチロリン »

夜のブランコ

今日も昼間は仕事だったので、夜にラン&ウォーキング。
朝&夕方コースも夜コースも、どちらも異なるけれど近所の公園の近くを通る。

今日公園の近くを通ったら、自転車を近くに停めて立ちこぎでひとりブランコに乗っている人が見えた。
歳の頃は…高校生くらいかな?
暗いのでよくは分からない。
でも、一体何があったのだろうかと、想像してしまう。
ドラマで公園のブランコが出てくるシーンて、一体どんな時だったっけ?

何か嫌なことがあって、それを吹っ切りたくて思い切りブランコを揺らしているのだろうか?
失恋か?はたまた別の悩み事か???
それとも塾なんかをサボりたくて、時間つぶしにブランコに乗っているのか?
暗くて表情は全く読めないから、想像は偏りつつも果てしない。

怖い人でも嫌なので、さっさと通り過ぎたけれど、その人はどれだけの時間ブランコをこいでいたのだろうか?
たった数分の出来事が、今日のニュースになる。
外に出なければ出会わなかった出来事。

歩いていたら前方の建物の影の暗闇から、静かに歩くご老人が近づいてきた。
あまりの無表情さと気配の無さに、本当に生きている人か心配になって、すれ違った後に思わず振り向いて確認。
ちゃんと生きている人っぽかった。
その後、近所の公民館の前にご老人がいっぱいいて、何かの集まりがあったんだと知る。
一安心。

|

« すき焼き→卯の花 | トップページ | チンチロリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すき焼き→卯の花 | トップページ | チンチロリン »