« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の13件の記事

辛いものにはご用心

昼間、サントリーからお届けものが届いた。
烏龍茶のキャンペーンに応募したときの副賞のカレーのレシピだった。
これも、当たったって喜んでいいことなのかな。

実家で採れたてのブロッコリーをもらう。
スーパーで新鮮そうに売られているブロッコリーも結構綺麗だけれど、このブロッコリーの綺麗さには敵わない。
思わず「綺麗」と言うと、母も「そうだよね」と相づちをうった。

昼に、レトルトのグリーンカレーを食べた。
最近判明したのだが、どうも腸が香辛料にそんなに強くないらしい。
ハーブとかは大丈夫なんだけれど、辛い系のを食べるとお腹が悲惨なことになる。
で、グリーンカレーを食べたときに若干「ヤバいかも!?」って思ったんだけど、味は辛いながらもたべられたので、そのまま全部食べてしまう。
が、夕方になって腹痛が出始め、夜になってご飯を食べて悪化した。
お尻も痛くなる。
食べてる最中にむちゃくちゃ汗が出たとかそういうことはないのに。。。
全く!どんだけ腸が弱いんだ。

| | コメント (0)

走りたくなるものなのか?

10kmのマラソンが終わってから1週間が経過。
その間全然走らずに居て、疲れた筋肉も身体もすっかり回復。

そうすると、何となく走らないことが気になってくる。
他にスポーツをやってる訳でもないから、動かないことに何となく抵抗があるのかも!?

思い立って、30分から1時間弱で走ろうと、マンションを飛び出した。
マラソン前よりも、ゆっくりだけれど走ってる距離は長くなってて、走ったことがちょっとした経験になっているんだと思った。
ひとつ経験したことで、より具体的なイメージが描けるようになったんだと思う。

大会に出るとかはまだ考えてないけれど、ちょっとだけ、ちょっとずつ、折角始めたことだから続けてみようかなと思う。
これですーっと痩せてくれたら嬉しいんだけれどな。

| | コメント (0)

深夜の光

深夜、仕事を終えて車で帰宅する途中に、ひとつの光を見た。
そんなに大きくもない川だが、車が沈んでいたこともあるそんな川の向こうには、確か車1台通るのがやっとの狭い道路があっただけのような気がした。
民家も少なく殆ど明りがないので、真っ暗闇をただ明りが進んでくる。

バイクでも走ってるのかな?
それとも自転車だろうか?

車だったら光は2つあるはずなので、そんなことを考えていた。
が、どうも光が僅かに揺れているように見える。

何だ何だ!?
いよいよ見ちゃったか?
いやいや、そんなはずはないだろう。

そんなことを思いつつも私の車も前進し、川を挟んで光と調度すれ違う頃、ふと気付いた。
あ、あれはランナーだ。
人の走るペースに似た感じで上下に揺れているようだ。

時間帯が時間帯なので少々吃驚したけれど、真夜中に走っている人も居るんだなとそんなことを思った

| | コメント (0)

ホンマでっかTV

仕事の関係でタイムリーには見れなかったので、録画してあったのを今日見た。

乳がんで慕っていた上司が他界したのはもう1年以上前。
結構同職種者で乳がんが多いなとは思っていたけれど、そういう理由だったのかと半ば納得。
血縁者に癌の発症は少ないので潜在的危険因子は少ないかもしれないが、職業的には高い確率となっている。
どうしようもないけれど、せめて夜更しは少なくしようと思う。

「初めてのことが怖い」と黒沢さんが泣いていた。
私も、初めてやることに対する恐怖が強い方だから、気持ちは良く分かる気がした。
ただ、マイナス方向に考える方向性は私より強烈だった気がしたけれど…;
でも発想が変わってるのは、個性みたいなものだと思うから気にならなかった。
きっと発想が豊かで繊細な人なんだろうなって思った位。

芸能界に飛び込むこと自体、新しいことにチャレンジするってことだと思うから凄いことだと思う。
要は考え方次第な気がする。
私も仕事をするようになって、いろんな人や出来事に出会って、命を亡くしたりしなければ大抵の事は大丈夫って思えるようになった。
ここまで辿り着くのにとても長い時間が必要だったけれど。
いつか黒沢さんも、もっと楽な気持ちで新しいことに向かえるようになるといいなと思った。

| | コメント (0)

マラソンの副産物

走った当日夜から肩凝りに悩まされている。
寝ちゃえばどうってことないが、起きて活動して暫くすると結構な肩凝りがでて辛くて仕方ない。
でも原因がマラソンだとはその時はまだ思っていなかった。

職場のランナーに肩凝りのことを話すと、マラソンの後に筋肉疲労から肩凝りになる事があると言われた。
そしてマッサージに行くことを勧められる。

街中にはマルイに行きたくて出るつもりだったのだけれど、エステは想定外。
セノバのハンズで取り置きしてもらっていたカレンダーを受け取り、マルイへ。
服とか化粧品とか買って用事を済ませた。

肩凝りに悩まされたままではどうにもこうにも辛いので、仕事が終わった後エステに行った。
案の定凄まじい肩凝りだったけれど、終わった後には嘘みたいにスッキリ!
今回ばかりは本当に行って良かった。

夕飯は出掛けたので楽をしてケンタッキーで購入。
チキンポットパイとコールスローのセットを購入して、自宅でテレビを見ながら食べた。

『謎解きはディナーの後で』
サスペンスよりも全然謎が解けないのだけれど、それでも毎回面白く見ています。
明るくてテンポがいいのがいいな。

| | コメント (0)

ふじのくに新東名マラソン

ある日、東名を走れるという話を聞いた。
これは二度とない、生涯一度きりと言っても過言ではないかもしれないチャンス。

そして、父の趣味はマラソン。
もうかなり長いこと続けている。
そんな父へのせめてもの親孝行にと思い立ったのが、この大会で10kmを一緒に走るということ。
本当はマラソンなんて全然好きじゃないし、超苦手なんだけれどね。

9月からちょっとずつ合間を見つけては家の周りをぐるぐる走っていたけれど、仕事が終わって家事をして…なんてやってると、そんなに走れる訳もなく。
身体作りは万全とは言えない状況で臨んだ初マラソン。

父について2km走ったけれど、父は割と早い人だったらしく、付いて行けなくなる。
3kmくらいまでは何とか走っていったけれど、最初のハイペースが祟ったのか呼吸も大変だし足も上がらなくなってしまった。
それでも止まったらそこで終わり。
歩くのだけは自信があるので、疲れた身体を引きずりつつも、いろんな人に追い越されつつも、ゴールを目指した。

途中、折り返した向こう側の道路で倒れた人が居たらしく、道路を越えて向こう側に走っていく救護班の人を見た。
AEDを乗せて走る、救護班の人が運転する自転車もあった。
「誰が倒れたんだろう?」
急に父が心配になって、折り返して走る人をきょろきょろ見ながら進んだ。
暫くそのまま進むと、父が普通に走っている姿を見つけられて、ホッと安心する。
そのまま進んでいたら、走っている石原良純さんも見れた。

結局…その後はあんまりちゃんと走ることが出来ず。
ただ、最初のダッシュが良かったのか、目標タイム前後ではゴール出来た。

屋台がいっぱい出ていたので、富士宮焼きそばとおでんを買って父と一緒に食べる。
建設中のサービスエリアも、車の走ってない高速道路も、昨日の雨からは嘘のように晴れた青空も、楽しい思い出のページを彩った。

家に帰ってから寝てしまい、その後お風呂に入って身支度を整え、父と妹の居るお寿司屋へ。
ゆっくりじっくり美味しそうに、父はお酒を飲んでいた。
今日は楽しかったらしい。
かなり楽しみにしていたようなので、そんな様子が私も嬉しかった。

白子に桜エビのかき揚げに桜エビのにぎり、くらげにシメサバに関サバに。
美味しいものも食べられて、今日は朝から楽しい1日だった。

| | コメント (0)

嵐ってこういうことを言うのだろうね

朝から雨。
それはいい。

だがしかし!
昼前に出掛けようとしたら、結構な風雨だった。

ファミレスで職場の仲間とお昼を食べて、午後から研修に行く。
ファミレスに入る前も結構な風雨だったが、ファミレスから出たら更に凄まじいことになっていた。

駐車場から会場まで、幾らもない距離にもかかわらず、暴風雨に下半身の片方がびしょびしょに濡れた。
傘は16本骨の傘だったので辛うじて風に負けることはなかったけれど、8本だったら微妙だった。

帰りも凄まじい程の暴風雨。
一応台風ではなかったらしいけれど、現象としては台風並み。
傘をさして歩くのが大変だったもんね。

それでも夜には大分おさまってきた。
土日の雨予報だったけれど、どうやら明日は雨を免れた様子。
明日の予定を考えれば、きっと喜ぶべきなのだろうな。

| | コメント (0)

兄弟カラオケ大会

妹に誘われ、妹の旦那と兄弟4人でカラオケに行く。
弟や妹たちはいろいろな歌を歌っていたが、私は殆ど嵐。
これでもかって位歌った。
でも後で必ず「あ!あの歌歌わなかった」って思うんだよね。

ノリノリで数時間歌って、みんなでお夕飯を食べた。
カキフライも刺身も美味しかったけれど、何と言ってももつ鍋が美味しかった。
普通のもつ鍋よりも、あぶりモツの方がちょっと好きかも。
楽しく話をしたから、お酒もなかなか美味。
結構いい感じで酔っ払う。
明日仕事じゃなかったら、もうちょっとゆっくりしたんだけれどなぁ…。

久し振りに弟の隣を歩く。
弟のでかさ加減に少々吃驚。
職場にも結構体格のいい男性は居るんだけれど大抵170cm台。
でも弟は180cm以上あるからね。

| | コメント (0)

瓦礫の山

職場の窓から隣の敷地をふと見て目に入った、こんもりとした茶色と若干緑の色の混じるもの。
レースのカーテン越しということもあり、どう見ても瓦礫の山に見えた。

何故こんなものが此処に?

不思議に思ったので、別の角度から外を見られる場所にいた同僚に、「あの瓦礫の山は何だろうね」と声をかけた。
だが、少し会話をして認識に若干のずれがあることにお互いに気付く。

同僚は近くに置いてあった缶の山のことを言っていた。
私の言った瓦礫は同僚の視点からは見えないのか?
そう思って同僚の居る方に移動すると、瓦礫は瓦礫じゃなく、藤などの何かの植物の棚になった。
手前にあった小屋で下の方が見えず、枯れた葉っぱとまだ緑の残る葉っぱの具合が瓦礫に見えたのだ。

角度が違うと見え方も違う。
どんなこともきっとそうなのだろう。
そんなことを深く感じた一件だった。
勿論二人で笑ったけれどね。

| | コメント (0)

ミートソース

ミートソースというと、缶詰のものを使ったりしていたのだけれど、トマトの缶詰がいっぱい買い置きしてあったので、自分でミートソースを作ろうと思い立った。

本当はにんにくを使って香り付けをするといいのだろうけれど、お弁当に持って行ったりもするかもしれないのでそれは避ける。
なので、みじん切りにした玉ねぎをバターで炒めるところから開始。
豚挽肉も投入して塩コショウをしつつ、トマト缶を投入。
コンソメを入れて、ケチャップも入れて、調味料で味を整えて完成。

にんにくが使ってない所為か、ちょっと味気ない気がしなくもないけれど、お子様向けのミートソースと思えば、そんなに悪くない感じかな。
…ちょっと自画自賛。

| | コメント (0)

煮豚

冷凍庫に豚肉のブロックがあったので、煮豚を作る。
モランボンの煮豚のタレを使い、豚ロースともも肉で。
勿論卵も一緒に煮て、大好きな煮卵も作った。

いつも面倒で既製品のタレを使っちゃうけれど、本当はお醤油とか自分で煮汁から作れたらいいんだけどな。

それでも時間をかけつつ完成!
明日のお弁当のおかずにもなる予定♪

| | コメント (0)

大道芸で賑わっているらしい

3日より、街中は大道芸で賑わっているらしい。
今年で20周年だとか!?
そんなに続いているんだなと、最初の頃を懐かしく思う。

賑わいを楽しむためになら街中に出るのもいいけれど、最近は人が多くって、脚立やら何やら道具がないとパフォーマンスを楽しみにくくなっている。
気軽に覗きに行くのはちょっと大変かな。

出掛けたい思いもあったんだけれども、面倒臭くなってしまったので家でぼーっとテレビを見る。
懐かしいパフォーマンスがあったりして、面白い。
家で楽しむのも有りかなと思った。

| | コメント (0)

輝く軌跡

夜、いつものようにラン&ウォーキングをしていると、畑の横のブロックに、キラキラ光るすじがあるのを見つけた。
大きな道路の街灯に照らし出され、キラキラ光るそれはとても綺麗。

でも、瞬時にそれが何が気付いた!

実家の庭でもよく見た光るすじ。
それは多分、ナメクジの軌跡。
進んだ後が縦横無尽に残っているのだ。

人知れずそっと動いた筈なのに、何故か進んだ後を明確に残していることに、ちょっと笑えた。

今一緒に仕事をしている人が、夜中に割り箸とビニール袋を持って畑のナメクジをつまんでいると数日前に聞いたばかりの夜の出来事。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »