« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の8件の記事

別れの季節

桜の開花宣言が出て数日。
身近な桜の木々にもちらほら咲いた花が見られるようになってきた。
昼間は暖かい日が続いているから、日に日に開いた花が増えてきている。

そんな中、職場の歓送迎会があった。
2月の移動で一緒に働く事になった人の歓迎と、この3月で退職する人の送別。
定年退職だったり、寿退職だったり。

別れはちょっと淋しいけれど、きっと変化が無くなってしまうと澱んでしまうんだよね。
別れる事で生まれる出会いもあるから。

いろいろ思う事があった人の最期の挨拶を聞いて、やっぱり感じていた事は間違ってなかったなと確信した。
その言葉をどんな想いで言ったんだろう?
とても素敵な挨拶だったと思う。

| | コメント (0)

疲労困憊

今日は出勤が早い日だった。
だけど昨日あんな事件があった所為で寝るのが遅くなり、今日はすっかり寝不足。
帰宅後も眠くて、結局早めの夕飯を済ませたら、テレビを見ながら眠ってしまった。
昨夜は夢も見ないでぐっすり眠ったと思っていたのに、なにやら興奮状態だったらしく、疲れは全く取れなかったようだ。

更に、昨日の今日で変な人は現れないとは思っていたけれど、シャワーを浴びるのも気を使う。
自分の家なのに、本当に休まらないし、不便。

それでも時間が経つにつれ、ちょっとずつ変な緊張は和らいでいくらしく、昨日よりは眠れそうな気がする。

| | コメント (0)

犯罪者

最近、家の呼び鈴が鳴らされるのに人が居ないということが度々あった。
一度は過ぎ去る人の足音が聴こえ、また一度は玄関横の風呂場の窓から覗く顔がちらっと見えたことがあった。

何だか気持ち悪いなと思っていたところに派出所のお巡りさんが巡回にやって来たので、報告だけでもと話したのが数日前。

そして今日!
お休みなのでずっと家で掃除やら洗濯やらをして過ごした後、夜になって近所のスーパーに買い物に出て、ZEROが見たかったので直ぐにシャワーを浴びた後、お風呂場の窓を開けたら外にすっと人が現れて部屋の中をじっと覗き込んだ!!
思わず「わぁぁぁぁ!」と叫ぶ。
その人は足早に窓から去っていったが、どう見ても先日ちらっと見えた顔と激似。

一応部屋の奥に引っ込んだ後、これは警察に電話をしなければと思い立ち、先日貰ったシールを頼りに直ちに電話してみた。
派出所にかけたつもりが、県警にかかっちゃったけれど、用件を聞いて直ぐにこっちに来てくれるということになった。
そういう対応は有り難い。

暫く待っていると呼び鈴が鳴り、電話の声で「警察です」と。
2名の県警の方が来て、部屋と窓の辺りをみられた。
部屋の中で話をしていると、更に3名の派出所のお巡りさんが来訪。
計5名の警察官に囲まれることになった。
それも吃驚な体験。

覗くだけなら実害はないのでまだ、百歩譲ってまだ良いかも知れないけれど、相手がどんなつもりでそういう行動を取っているのかはこちらでは計り知れない。
そしていつ、スイッチが切り替わってしまうかも分からない。
最悪、盗まれたり殺されたりする危険性もなきにしもあらず、だ。

ZEROは前半見れなかったし、流しの片付けも出来ず、寝るのが予定よりも遅くなってしまった。
全く、最悪だ。
本気で今すぐ彼氏が欲しい!と思った。
いや、気軽に遊びに来てくれる男友達でもいいな。

| | コメント (0)

結婚式の二次会

職場で仲良くなった人の、結婚式の日。
二次会に招待された。

さて、どんな格好をして行こうかと早くから悩みつつも、決まったのは数日前。
妹と一緒に買い物に行ったときに買ったスカートに、衝動買いに近い形で買ったブラウスと靴、それに家にあったカーディガンを合わせてみた。
でも…実際はもうちょっと派手でも良かったっぽい。
普通っぽ過ぎたか?

二次会だけれど結婚式をしたのと同じ場所だったという事で、友達はとても華やかで可愛らしいドレスで登場。
披露宴みたいなお色直しとかはなかったので、二次会は少しゆっくり出来たようだけれども、プチ披露宴っぽい雰囲気。
私は素敵なドレス姿が見れたので嬉しかったけれど、主役の二人はなかなか気を抜けなくて疲れなかったかな?

流れに乗って三次会にも顔を出してみた。
職場の知った顔が多くて、変に馴染んでみたり。
幸せそうな様子が眩しくて、ちょっと羨ましかった。

| | コメント (0)

東日本大震災の特番

昨日放送された、『自衛隊だけが撮った0311ーそこにある命を救いたいー』を見た。
当時知り得なかった、自衛隊の方々の活動、想い、信念などなどを知ることが出来た。
同じ日本人として誇らしいと同時に、実際私がその場にあったら一体何が出来るんだろうと考えた。
極限の状態になって初めて、その人の弱さと強さが露呈する。
だからきっと、その場にならないと答えは出ないんだろう。

震災の起きたあの日が近づいて、様々な局で震災にまつわる特番が組まれている。
今だから語られる事、明らかになる事、様々ある。
それらを知ることが、明日を生きるためのヒントになればいいと思う。
富士山噴火や東海地震…。
明日、何かが起こるかも知れないそんな場所に、生きているのだから。

| | コメント (0)

ボーリング大会の日

職場のボーリング大会があった。
上司に声をかけられ、普段ボーリングなんて殆どやらないのに参加する事になった大会。
練習でストライクを2回出したにもかかわらず、相変わらず本番には弱いので、スペアやストライクがあっても得点は伸びず100に満たない。
それでもチームにマイシューズやマイボールを幾つか持つ人が居たため、チームの得点は高く、1位に!
商品としてベーグルクッションをいただいた。

いつも「溝掃除」と言っていた上司が、一度もガーターする事なく100以上の得点を出し、ものすごく喜んでいたので、私も楽しかった。
自分自身ももうちょっと高い得点を取れればきっともっと楽しかったんだろうけれど、それは贅沢ってものかも知れない。
上のスコア表の隣のテレビ画面では、日テレの『歌の祭典』がかかっていて、音は聴こえないけれどときどき櫻井さんのアップが見れたのはささやかな幸せかも!?

21時前にボーリング大会は終わり、一時帰宅。
それから妹と待ち合わせて街中で一杯飲みながら、話をする。
主に彼女の話を聞くんだけど、かなり有り難がられた。
そんな些細なところに自分の存在意義を感じて、ちょっとだけ嬉しくなる。
本当は彼氏とか家族とか、そういう他人から得られるものがきっと大事なんだろうけれど、私にはそれが無いから、誰かから感じられるささやかな存在意義が支えになっていたりする。
支えてるつもりで、そんな形で支えられてる。

『相棒』のなかで、引きこもりの少年に対して杉下さんが言った言葉が、私達の胸に残っていた。
「アンテナの感度が良過ぎた」
だからこそ、他人とのかかわりに絶望したり恐怖した。
でもだからこそ、見逃されがちなものに気付けたりもしている。
そんなことに悩んだ過去も、今なら抱きしめられるかな。

| | コメント (0)

癒し

今日はお休みだったので、昨夜は夜更ししてしまった。
寝ようと思った時間に、点いていたテレビに映ったのはベイリーと言う犬。
『志村動物園』でも出てきた事がある、最近本も出版されているセラピー犬だ。
実は、私の生活圏に近いところに居る犬であったりする。

人の心を癒す事。
私がやりたいことのうちのひとつでもある。
今はきっと出来てない。
ちょっとベイリーが羨ましかった。
あんな風に人の心を癒す事は、人間にはきっと出来ない。

私の癒しはぽんだったけれど、居なくなって変わりのものを探していた。
今はテレビの中に癒しを求めてしまってるけれど、それじゃ温もりがない。
やっぱり何か、生き物と触れ合いたいなと最近思い始めている。

| | コメント (0)

駿府マラソン初参加!

何故、こういう流れになってしまったんだろう?
昨年、親孝行のために人生で二度と走る事はないであろう第二東名のマラソンに父と参加した。
それは私の意思だった。
でも…
「応援に来るよな!?」って半ば強制的に言われちゃったら「だったら出るよ」って言っちゃわない!?

そんな訳で、本日は5km走った。
父は10kmに参加だった。

昨日の仕事の都合で、睡眠時間は4時間半。
目覚めが悪く、遅刻しそうになり大慌て。
なので走る前から走る。
只でさえ十分でないコンディションなのに、更に体力消耗↓。

時間に余裕がないときに限って、迷う。
場所は直ぐ分かるところなんだけれど、その会場内の受付が何処か、ロッカーが何処かでうろうろ。
スタート地点にギリギリで到着。
そんな訳で…
トイレにゆっくり行くことができず、腹痛と折り合いをつけつつ時々歩いて何とかゴール。
うーん、最悪。
なーんていろんな所為にしちゃってますが、年明けから寒さのためちゃんとトレーニングを続けて来なかった私自身が悪くもあるのです。
でもまあ、ちゃんとゴール出来たので、いいか。

行きはバスで、帰りは電車を選択。
帰りにはシフォンケーキを買ってみた。
クリームチーズと桜のシフォンケーキが美味しかった。

夜、父とお寿司屋さんで打ち上げ。
ぼたんエビとかシャコとか食べた。
両方とも子持ち。
そして両方とも美味しかった。
でも一番心を癒されたのは、穴子と春天(春の天ぷら)。
やっぱりたらの芽とか菜の花とか好きなのよ。

前よりも距離が半分なこともあって疲れは大分楽だけれど、ふくらはぎはパンパンにはっていて、浮腫んでいた。
お風呂で揉んだけれど、まだまだ不十分らしい。
明日は年休がもらえたので、ゆっくり休みます。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »