« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の14件の記事

白いものの正体

仕事のため、車で見慣れた道を走る。
今日は夕方からの仕事なので、レンゲ畑を見つけた道を通った。

レンゲ畑の手前に、見慣れぬ白いものを発見!
結構広く白いものが存在している様子。
花なのか?別のものなのか?
何だろうと思って目を凝らすと、ふわふわした丸いものがいっぱいあるのが分かった。
沢山のたんぽぽの綿毛だ。

ちらっと見ただけだけれど、真ん丸の真っ白い綿毛は今にも吹き飛びそうな感じ。
今日は風が穏やかで、舞い上がるには時期尚早って感じだったのか?
あと数日経てば、そこに白い綿毛があったことなんて分からなくなってしまうんだろうな。

たんぽぽの小さな希望を乗せて、風に身を任せて新天地に飛び立つ綿毛。
ちょっとだけ人生に似ている気がする。
いい風がつかまればいいな。
あ、でもたんぽぽは雑草としては根が深くて厄介なので、人間としては難しいところかも!?

| | コメント (0)

テレビでGANTZを。

映画館で見た以降、全然見てなかったので、約1年振りに作品に触れた。
やっぱり1年経つと、人間はどこか成長したりしているのか、感じ方が変わっていたりするんだろうか?
過去の感想も読んでみて、ふと思う。
本でも映画でもドラマでも。
たまにはそれっきりじゃなくて過去の作品に触れてみるのもいいかもしれない。

今の私には、人間と星人の戦いがパレスチナの戦いやアフガニスタンの戦いのようにも感じたし、
GANTZが首相とか総理とか国王とか、団体の頂点に立つ人そのものまたはその人の思考の象徴のようにも感じた。
また、小学生の喧嘩のような「お前等が先にやった」という言い分も、
何度も問われる「復讐」という言葉も、
とても切なく無意味なものに聞こえてきた。

争いとはとても簡単に起こるものなのだ。
だけど、収束するのはとても困難なものなのだ。
そんなことが描かれている気がする。

加藤という人物は人を傷付けた事がある経験をリアルに持ち、それを必死に自分の中で消化しようとしていたと思えた。
きっと玄野よりも先にそういう経験をしていたから、相手を傷付けることについてまた違った考えを持っていたのだろうと感じる。
そう考えると、最後の多恵のミッションのときに集まったメンバーは、それぞれの価値観や考え方を持ってミッションに従うのか背くのか決めていたのかなって思える。
GANTZはGANTZでそんなメンバーを観察し、その中から後継者を選んだっていう風に見える。
この集団は無作為に集められているようだけれど、何処にでもあるひとつの、例えば国や会社みたいな集団なんだなと思った。

更に。
GANTZのミッションの絶対性から権力者を思い浮かべた。
ただ、絶対的な力がそこにはあるけれど、全てを手にすることは出来なくて。
玄野の場合、全てを救う為には自分を犠牲にしなければならなかった。
そんな風に、上に立つことでメリットを得るならば、それなりの犠牲も必要ってことなのかな。
全部が都合よく片付かないところ辺り、このストーリーは現実じゃないのに、現実が描かれてる気がした。

GANTZ、深いです。
それとも深読みのし過ぎでしょうか?

| | コメント (0)

生命力

ベランダのワイルドストロベリー。
白実のワイルドストロベリーが、昨年虫にやられてから微妙に育てにくくなっていて、ちょっと目を離したら枯れかかってしまった。

慌てて枯れた葉を取ったら、殆ど丸坊主になってしまって、こりゃあもうダメかも!?なんて思いながらも水をいっぱいあげて数日放置。
そうして気が付いたら、何も無かったところから緑の葉が元気よく伸びていた!

草木の生命力の強さに感動する。
何があっても生きようという意思があるのか。
諦めなければ何とかなるって、証明しているみたいだ。

ワイルドストロベリーが雑草の如き生命力を持っているとしても、虫に2度も根を食われ、枯れかけても復活するのは凄いなと思う。

| | コメント (0)

食べ物の威力

痩せる為には何をすべきか?
最近太ってきた私は考えた。

ストレスで甘いものを買って来ると勢いで食べずにはいられなくなってしまう。
ならば買わなければいいのだけど、スーパーとかに行って新製品があったりお気に入りのが安くなってたりすると、ついついカゴに入れたくなる。
抑えられないなら別の手を考えるしかない。

お弁当のメニューも最近変わってきている気がする。
前は副菜に力を入れてたのに、最近本当にサボり気味。
食べたもので身体が作られるのだから、これが一番ダメかもしれない。

手っ取り早くご飯を玄米にしてみたが、ふりかけおにぎりは玄米には合わないみたい。
フジッコの昆布とかの方がいいのかな?

そんな訳で、最近煮物と酢の物と頑張って作ってみた。
一人暮らしを始めた頃に作っていたメニュー。
やっぱり最近野菜不足だったのかもしれない。
筍も、ちゃんとちりめんじゃこと一緒に煮た。
ただ、煮物は醤油を結構使うので、塩分の取り過ぎには注意したい。

| | コメント (0)

今年も実家から筍を貰ってきた。
母が下茹でを済ませてくれているので、柔らかい頭の部分はそのままお刺身として、または酢みそで和えたりして直ぐに食べられる。

でも作りたいのはじゃこの煮物。
じゃこの煮物が食べたいの。

帰りにスーパーでちりめんじゃこを購入。
あとは煮るだけ。

| | コメント (0)

ピンポンダッシュ

覗き事件の後、暫くなりを潜めていたピンポンダッシュ。
あの事件からもう直ぐ1ヵ月になろうというところで、ピンポンダッシュが復活した。
一体何者なんだ!?

同じマンションの人なんだろうか?
煩いとかそういう苦情をこういう形で現しているんだろうか?

でも犯罪チックで嫌だなぁ。。。
気持ち悪い。
またパトロールしてもらわなきゃいけないかなぁ。。。

| | コメント (0)

妹と。

妹と待ち合わせ、お出掛け。
妹の買い物に付き合ってちょびっとウインドウショッピングをするつもりが、結局帽子とスカートを購入してしまう。。。
いいのか!?これで!!

でも自分じゃなかなか選ばないものなので、新鮮だったりする。
妹も、好みが違う相手とのショッピングという事で、かなり楽しんでいた様子。
昔よりも割とはっきり私の好みを伝えているしね。

夕飯は一緒にちょっと洒落たお店に。
前評判はイマイチだったけれど、ちょっとお高めの店に行く機会があんまりある訳ではない私は、お店に入ってからちょっとテンションUP♪
お料理も美味しくて、ゆっくりお酒を飲んで楽しかった。
ホタルイカの塩辛が変わってて面白かった。

| | コメント (0)

いつか必ず実を結ぶ

この春新しく入った新人さんは、二年前にバイトに来ていた人だった。
その頃のフロアで、私は会っていたようだ。
彼女が就職して初めて顔を会わせたときに、彼女から声をかけられて初めて気が付いた。
それにしても、フロアが違うしたった1〜2週間のバイトだった筈なのに、良く私のことを覚えていたなと不思議だった。

余程印象的だったのだろうか?
そう考えると、悪い印象の方が心に残るかも!?とか思って不安になる。
なので今日、偶然話すタイミングがあったので、思い切って聞いてみた。
「何で覚えてたの?」って。

帰って来た答えは、私にとってとても嬉しいものだった。
仕事が始まって直ぐに聞いたから、それからずっとテンションが少し上がったまま。
「(対象への)対応が丁寧」とか「手技が綺麗」とか。
ああ、今まで地道に積み重ねてきたものは全て無駄じゃなかったんだなって思えた。

仕事が早い方じゃないし、勉強だって出来る方じゃなかった。
でも仕事にはプライドを持っていたかったし、頑張っている人を尊重出来ないことは許せなかった。
大きく人を惹き付ける輝きを持っている訳じゃないし、他人から見たら大したことないどころか単に変な人なだけかもしれないと思っていた。
だけど、小さいけれど確かに花が咲いた気がする。
人に誇れる程の大きな頑張りじゃないけれど、それでも頑張っていれば、頑張り続けていれば、いつか必ずどんな形かは分からないけれど、それでも報われるんだと思う。

| | コメント (0)

突然の出来事

先日の京都の自動車事故について、今日知ってる人がコメントしていた。
多分電話取材。
名前表示で気付いたのだけど、ちゃんと取材を受けてたのかな?
電話がかかってきて、世間話のように質問されて、それの都合のいい部分だけを使われる…なんてのは良くある話。
私も多分、以前アライグマのことでかかってきた電話に対して受け答えをした際、そうやって使われた。
関東圏でしか放送されないとは言え、電話の後は一切連絡なし。
放送日とかすら教えてもらえなかったもの。

京都の自動車事故、職場で速報を見て、直後から知っているけれど、かなりの悲惨さ。
6人もいっぺんに心肺停止になってたら…考えただけでも対応にてんやわんやするのが分かる。
トリアージが使われたって情報からも、それが伺える。

てんかん発作を近くで見た事がある。
だから、最初の衝突事故後の逃走経路が明らかになるにつれて、発作を起こしながらの運転とは思えなくなってきている。
ただ、最初の衝突が発作によるものなのかどうかは不明だし、意識がはっきり戻っていたのか朦朧としていたのか、パニックになっていたのかも分からない。
被疑者死亡で真相はとても分かりにくいものになってしまっているけれど、出来るだけ解明されればいいなと思う。
被害者とその関係者の為は勿論、その他てんかん患者さんの為にも。

| | コメント (2)

新しいお財布

新しいお財布をおろすのは大安の日が良いという事で。
(↑ショップ店員情報)
買ってからソワソワしながら待ち続けた大安吉日の今日!
仕事から帰宅して、お財布を新たにした。

今までは二つ折りのを使っていたんだけれど、今回久々に長財布にしてみた。
何となくお札を折らなくて綺麗にしておけるのがいいかなと。
それと小さいお財布を手に入れたのも大きい。

カード類が多くて直ぐにいっぱいになっちゃった。
何とか綺麗に使っていきたいな。

| | コメント (0)

たかがレンゲ畑

今日は普通の勤務よりちょっと早い出勤だったので、いつもと違う道を走った。
桜がもう終わってしまうのでちょっと淋しいなと思っていたのだけれど、田んぼの一角に鮮やかな色を見つけてテンションUP!

たった一区画だけだけれど、一面にレンゲの花が咲いていて。
そんなシーズンだったなと思うのと同時に、子どもの頃の思い出もちょびっと蘇ってきたりして。

朝早くて気分がなかなか上がらなかったけれど、心に花が咲いたようにふんわり上がる。
やー…いい朝だった。

たかがレンゲ畑かもしれないけれど、されどレンゲ畑なのだ。

| | コメント (0)

桜のお祭り

桜の花が綺麗に咲いて、お天気も良くて、ちょうどお休みも重なったので、姐さんを誘ってお花見に出掛けた。

先ずはランチ。
先月も言ったCafe Bell Equipe Vegetable。
今日は平日ではないので、日替わりランチはお預け。
んで、トマトとアボカドの丼にしてみた。

その後ふたりで歩いて向かったのは、Cafe r。
ここではケーキセットを頼む。
小さいけれど綺麗で品のある甘さのケーキは食べごたえ抜群。
ケーキとお茶を囲みながら、ふたりで長々と話をした。

それから静岡祭真っ最中の駿府公園へ。
ん?もう名称が駿府城公園に変更になったのかな?
大名行列で大御所様などをする芸能人ののぼりが目立っていた。
沢山の出店が並んでいて、ぐるぐる歩き回ってるだけでもなかなか楽しい。
桜餅が食べたくて、串のお団子屋さんで桜だんごを買った。
あんこも入って桜の葉っぱも巻いてあって、形は違えど桜餅そのもの。
花見にはやっぱりこれだよね!
つぶつぶがあるので道明寺だろうか?

九州の鳥唐揚げがおいしいというので九州の出店で唐揚げを買い、鶏皮餃子を見つけて買い。
結構楽しんだ。
勿論、桜も桜の木の下の花見の方々と合わせていっぱい見た。
数年前にここで花見をしたのを思い出した。

人混みというところはいろいろな事が怒りやすいようで、何度も見回りする警察の方を見た。
ご苦労様です。
そんな中、歩いていてお尻の辺りに当たるものを感じて手で払いのけたら人の手だったという事件勃発!?
払いのけたらその男の人は急いで逃げるように人混みに消えていった。
隣の姐さんはぴったりくっついて来るその人に気付いていたみたいだけど、私はちょっと吃驚。
最近この手の人に良く遭遇するようで、何だか嫌になってしまった。
結構楽しいお出掛けだったのに。

公園で姐さんと別れてから、マルイに寄って財布を物色。
新しい財布を手に入れた♪
欲しかったお出掛け用の小さめの財布も見つけられて嬉しかった。

| | コメント (0)

桜が綺麗に咲いているから、思わずカメラを手にして家を出た。

まだ朝は肌寒い。
ランニング用の服はちょっと温かくも感じるけれど、風が吹くとちょっとスースーする。
なので上からジャージも羽織った。

ゆっくり朝日に照らされていく桜並木はやっぱり綺麗。
車で走っていると走り過ぎる事しか出来ないけれど、自分の足で走っていれば、いつでも立ち止まってシャッターが切れるのがいい。

近所の丘のようなところにも、いっぱい桜の木が咲いているようだった。
今年はちょっと登ろうとは思えなかったけれど、また来年、ここでこうしていられたら、登ってみようかな。

| | コメント (0)

耳で春を知る

朝、鏡の前で出勤準備をしていたら…
外からとても良い鳴き声が聴こえてきた。

ホー…ホケキョ

数日前まではまだ最初のところしか聴こえなかったのに。

鶯のお馴染みの鳴き声だけれど、寒いとこうは鳴けないって昔聞いた。
この声が響くと、本当に暖かくなってきたんだなと実感する。

目では桜を楽しみ、耳では鶯を楽しむって、春ならではの贅沢です♪
鶯の姿をちゃんと見たことが無いけれど、いつか見てみたいなぁ。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »