« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の13件の記事

何か恥ずかしい

年末年始なんてもんは存在しない仕事をしているので、今年もまた、頑張って仕事中。

今日はちょっと早い出勤だったので、朝一番に会う人は少ない。
髪もまとめちゃうので、髪型が変わってても分かりにくい。

でも、顔を合わせた瞬間に「あ!髪切った!?」って言われると、ちょっと恥ずかしい。
いや、気付いてもらえる嬉しさもあるんだけどね。
何か照れちゃう。

| | コメント (0)

髪を整える

昨日の鍋にうどんを入れて、食べる。
いっぱい味わった感有り。

お泊りした友達が、昼過ぎに帰路につく。
私はお出掛け準備をして、髪を切りに行く。

今回はデジタルパーマをかけると決めていた。
やっぱりね、ムースが嫌いなんだよね。
人の髪の毛がどうなってようと別にいいんだけど、自分の髪の毛の触り心地が悪いのが気に入らないのだ。
サラサラがいいんだよね。

そんな訳で、デジタルパーマ。
そして、バニラの香りのヘアオイルを購入。
これ、お気に入り♪

新年を迎えるにあたり、自分の身だしなみの準備だけ、整いました。

| | コメント (0)

友達来訪、そしてお泊り

お休み。
洗濯をして、部屋の中を片付ける。
何故なら今日は、人が来るから。

夕方、仕事を終えた友達がやって来た。
お昼に作っておいたフレンチトーストが、小腹が空いた彼女には丁度いいおやつになったらしく、「美味しい、美味しい」って食べてくれた。
いやー、嬉しいね。
一緒にアウトレットに行ったときに買ったフォションのマカロン味のジャムがちょっと甘酸っぱかったので、フレンチトーストに添えるといい感じ。

二人で近くのスーパーに買い出しにいって、お夕飯は鍋にする。
銀座やまとの薬膳不老長寿鍋のスープというのがあって、ちょっと前に食べたくて買っておいてあったので、二人で食べる。
スープが少なめかなと思ったけれど、白菜から水分が出ていい感じに辛くって、美味しかった。
いっぱい食べた。

勿論お酒も飲んで。
ずっと置いてあったリンゴのお酒を飲んじゃった。
長野に行ったときに買って来たお酒かな?
なのでジュースみたいな飲み口で美味しい♪
ひとりで家に居てもあんまりお酒を飲まないので、ちょっと冷蔵庫が空いた。

美味しいものを食べて、お酒を飲んで、他愛無い話をして、お泊り。
準備はちょっと忙しいけれど、こういうのは好き。

| | コメント (0)

陥入爪と巻き爪と五本指靴下

実家に行って、クリスマスケーキとチキンを食べた。
これ、毎年の恒例行事になってますな。
今年はケーキ一種類だけ。
何故って、もうひとつがアイスケーキだったため、取って置けるから。

先日靴下屋さんで安かったのでまとめ買いした五本指靴下を、母に自慢してきた。
話の流れから足先用の靴下の話にもなって、ちょうどそれを買って試したところだったので、その感想も話す。
脱いだときにタイツの中に残っちゃうのが大変だけど、他は快適だった。

あんまりここには書いたことがないけれど、実は高校の頃から陥入爪に度々なっていて、未だに苦労している。
初めはそんなに酷くなかった巻き爪もどんどん酷くなってきて、いよいよ厄介になってきていた。
そんなことを思っていたとき、巻き爪は親指がちゃんと地面に着いてない、力がかかっていないからなるという情報をテレビから得た。
それから、ちょっとだけ気にして歩くようにすると何かいい感じな気がして、人には分からないちょっとした努力をしている。
それから、足の指をちゃんと使って歩いてないと足のトラブルが起きやすいということも聞き、足の指が昔から器用に動かせないためちょっとずつ動かせるようになりたいなと、地味に奮闘中。
歩いていると、直ぐに足が痛くなっちゃうのが何とかならないかなと。

母は足の指が昔から器用に動く。
小さい頃によく、足でつねられたものだ。
なのでその話をしてみた。
そのとき実際に動かしてみて、初めてちゃんと親指を他の指と違うように動かせた!
やったね。
ちょっとずつ、足のトラブルが改善していくといいな。

| | コメント (0)

Mr.Children [(an imitation) blood orange] Tour

今回は休み希望の関係で、名古屋に参戦。
でもFanClubじゃとれなくて、サイトの一次選考でGetしたのだけど。

ナゴヤドームに行く前に、名古屋駅でご飯を食べる。
一緒に行った友達が、スマホでかなり下調べをしてくれていて、行きたいと言った山本屋本店に行って、名古屋コーチンの味噌煮込みうどんを食べた。
ちょっと濃いめの味だったけれど、とっても美味しかった。
うどんは硬めなんだけど、香川のこしの強いうどんとも違う。

いつもの場所に、いつものツアートラックが停まっていて、思わず写真を撮る。
ギリギリの到着だったので、席について間もなくライブがスタートした。

ブラッドオレンジという有機物のタイトルがついたツアーなのに、
ハニカムではない六角形のモニターがデザインされた機械的な無機質なステージ。
それが照明でオレンジ色に染まって、あるひとつの形としてのブラッドオレンジになった気がした。
ちょっと洒落たオープニングの演出がまた、今までにない形で驚いた。
曲のイメージには合っていたと思う。

やっぱりクリスマスイブイブということで、抱きしめたいはクリスマスバージョンになっていたし、他にも高校生の頃に作曲したというクリスマスソングも披露された。
やっぱり高校生の頃の歌は、こっ恥ずかしい程ストレートで真っ直ぐな歌詞で。
シングルベルなクリスマスの私にとっては、とっても素敵なクリスマスプレゼントだった。
クリスマスが過ぎた、この次の埼玉はどんな形になるんだろう?
ちょっとセットリストが楽しみになった。

途中、「雪が降ってます」と言われたときは素で驚いた。
冗談だったけれどね。
一番一体感があったと言われたけど、それにはちょっと複雑な気持ち。
どうせならもっと違うところで一体感があるって言われたかったなぁ。

20周年を祝う最後の瞬間のために、急いで形作ったドームツアーなのかな?本当のブラッドオレンジのツアーは2月から始まるのかな?という感じはしたけれど、それでもこの記念すべき年を一緒に過ごして締めくくれたのは嬉しかった。

帰りは友達と別れてひとりで新幹線に乗る。
名古屋駅のイルミネーションが今年はどんな風になっているか見て帰ろうと思っていたのに、疲れて直ぐに改札を通ってしまい、見れずじまい、残念。
新幹線の中で、パンとかヨーグルトでご飯を済ませて帰宅。
筋肉は疲労していたけれど、とっても楽しい1日でした。

セットリスト
1.過去と未来と交信する男
2.LOVEはじめました
3.Worlds end
4.End of the day
5.靴ひも
6.マーマレード・キッス
7.抱きしめたい
8.Surrender
9.Pink〜奇妙な夢〜
10.常套句
11.pieces
12.CENTER OF UNIVERSE
13.fanfare
14.イミテーションの木
15.かぞえうた
16.Happy Song
17.hypnosis
18.Tomorrow never knows
19.エソラ
20.Mashmarrow day

クリスマスナイト
頂点バス
HERO
空風の帰り道

| | コメント (0)

クリスマスな街並へ

仕事でマスクをしたら、息の湿気と暖房の乾燥で口周りの皮膚がトラブルを起こしてしまったので、急遽エステに行く。
マスクって意外と乾燥するんだよね。
明日お出掛けするので、ちょっとでも良くなるといいんだけどなぁ。
お肌は少ししっとりした気がするけどね。
化粧品が無くなって来ていたので買ったら、年末のプレゼントでお米が貰えた。
最近お米のおいしいのが食べたいと思っていたので嬉しい。

街中に出るついでに、街中で行われているクリスマスのステージに行ってみた。
イルミネーションの中、VOXRAYが歌っている。
数年前は割と必死になって聴きに行ってたなぁなんて、懐かしく思った。
見つけて手を振ってもらえたのも嬉しかったな。
覚えていてもらえていて、「久し振りー」って言われた。

| | コメント (0)

イマイチな雰囲気

16日、選挙の日。
ただでさえやることが山積みのこの年の瀬に、これ以上やることを増やさないで欲しいと思った。
なので、選挙に行くかどうしようか、悩む。
ただ、義務を果たさずして権利を主張するのは嫌なので、投票してからいろいろ言いたいと思い、仕事前に実家に寄って投票した。

期間の所為なのか、年の瀬だからか、選挙の盛り上がりもあまり感じられない気がしていて、果たして何処に投票しようか十分吟味出来ていたかどうかの自信もないという、何となく過ぎて行った感が否めない選挙。
こんなんで良かったのかな?
焦って解散した(させた)意味はあったのかな?
疑問だけが残った。

選挙結果も納得のいく結果ではなかった。
自民党がこんなに議席を獲得するとは思ってなかった。
野党になってから、野党としての役目が果たせずずっと政権交代しか口にしないかった自民党は好きじゃない。
内部で甘い汁を吸う様な、元に戻るのも嫌なのに。
今日の阿部さんの言葉を聞いて、最初程の不快感は無くなったけれど、もやっとしたものが残ってる。

格差社会はダメだという。
でも、頑張らない人が下でいるのは仕方がないと思う。
だって頑張らないんだから当然でしょ、そんなに甘くないでしょ。
やむを得ない事情から頑張れない人を救うのは惜しんじゃいけないけれど、頑張らない人はそのままでいいと思う。
だけど今は、頑張っても報われない人が多い気がする。
だから頑張ったらちゃんと報われる社会になって欲しいなぁと思う。
でないと希望が絶たれてしまう気がする、頑張れなくなってしまう気がする。
みんなが頑張れなくなったら、終わってしまうよ。
そして、上の方だけを偉いとか崇めるのとか、止めて欲しい。
何も言わず頑張ってるのは、農家や町工場等できっと地道に仕事をしている人だと思うから。
警察とかも現場に出ている人達はその中に入るのかな。
生態系のピラミッドのように、権力者は格好良い鷹やライオンの様に見えるけれども、結局は森や草木がなければ生きていけない訳だから。
上に立つということは、下の者を大事にする責任を負うということだと思う。

| | コメント (0)

お弁当のメニュー

| | コメント (0)

ネガティブモデルの人

栗原類という人が、ネガティブモデルと言われて注目を集めている。
まあ、それ自体は別にどうでも良かった。
でも、あんまりにネガティブと言われているのを聞くと、段々腹が立ってくる。
関係ない他人の事なのに。

最初は後ろ向きに聞こえた彼の発言は、聞く度にネガティブとはかけ離れたもののように感じられる。
この人、考え方がかーなりシビアなのかも!?
楽観的なプラス思考ではないけれど、何か言われたからといって浮き足立つこともなければ惑わされることもない。
そう思うと、その動向に興味が出てきたりするから面白い。

今日はzip!でティム・バートン監督と英語で対談していた。
姿形じゃなく、格好いいと思った。
チャラチャラした感じじゃないところが、いいな。

| | コメント (0)

実家に行く

昨日は祖母の命日だった。
でも仕事の都合で実家に行ってる余裕がなかったので、今日、仕事が終わってから実家に寄ることにした。

実家に行って、仏壇にお線香をあげる。
それから大根とブロッコリーを貰って帰ろうかと思ったが、結局夕方まで眠ってしまった。
途中、一度トイレに起きただけで、5時間位寝ていた感じ。
夕飯まで実家で食べちゃう。

実家のブロッコリーはスーパーのよりもずっとずっと大きくて、瑞々しい。
問題は虫が食べた痕が残っているということだが、それだけ美味しいってことだと思う。
本当はふたつ貰って帰ろうかと思ったけれど、かなりの大きさにひとつにした。
大根も葉っぱ付きで貰って帰る。
実家の大根には葉っぱが付いているのが良いのよね。

| | コメント (0)

平凡な休日

昨日買ったフォションのスコーンに、同じく昨日買ったフォションのフランボワーズマカロンのジャムをつけて食べた。
スコーンがむちゃくちゃ美味しい!!
お茶も昨日買ったのを飲んでみようと、フォションのキャラメルクリームティーをいれた。
美味しい。
何か、これで食器が洒落てれば、いい感じのティータイムだ。

重い腰をやっとこさほんのちょっとだけ上げて、ちょっとずつ部屋の掃除をする。
紙類が多いので、なかなか片付かず。

昨年貰ったと思われるレストローズのブーツキーパーを、仕舞っておいても何だからと思い立ち、袋から出して使ってみた。
いい匂いがすることに驚いた!!
匂うとは思ってなかったから、嬉しいサプライズ。

| | コメント (0)

御殿場プレミアムアウトレット

職場の友達と待ち合わせをして、御殿場プレミアムアウトレットに出掛けた。
私の前の日の仕事が遅かったので、出発も午後になってしまったけれど、友達は快く対応してくれた。
感謝!

見慣れた角度とはちょっと違うけれど、富士山がとっても綺麗。
カメラを構えて写真を撮っている人がいっぱい居た。
陽は傾きかけてはいたけれど、まだまだ明るかったので、直ちに店舗を回り始める。
そこで私は目当てのものを購入することが出来た!
しかもタイムセールで。
嬉しいね。

フォションでジャムと紅茶とスコーンを買った。
フォションの紅茶は何年振りかな。
賞味期限が近いので、お値段がリーズナブル。
消費出来るか心配だけれど、お家での楽しみが出来たのが嬉しい。

スーパーで買い物をして友達とは別れた。
車の中では仕事や恋愛の話がいっぱい出来たのが楽しかった。

| | コメント (0)

一段落

夏頃と、10月と仕事関係のセミナーに個人的に参加した。
その伝達講習を、今日職場ですることになっていた。

数日前から資料を準備し始めたけれど、そもそもの教材も内容も盛り沢山で、自分の頭の中を整理するのにも一苦労だったので、前日の夜中までかかる。
フロアだけの小さな研修だったけれど、限られた時間の中で、伝わるように要点をまとめて分かりやすく話さなければならないため、結構緊張。

そんなこんなでいろいろ大変だったけれど、一先ず終了。
周りの評価が気になるところだが、ほっと一安心。

でもまだ他にやることが山積み。
さて、頭を切り替えて次に進まねば!

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »