カテゴリー「スポーツ」の20件の記事

2度目のバレーボール

先週に引き続き、職場でバレーボールをする運びとなる。
前回よりメンバーが増え、今回は前よりも練習が本格的になる。

練習を始めるときも、今日はパスから開始。
徐々に身体を慣らし、アタックやサーブレシーブまで行った。

楽しくて、前よりも激しく、長時間練習した。
気付けばこんな時間!?って感じ。

練習を終わるときには既に筋肉痛の気配。
今夜もちゃんとお風呂に入ってマッサージ。
2回目だから大丈夫だと思うけれど、大したことがありませんように☆

| | コメント (0)

久々のバレーボール

職場で声をかけられ、職場の体育館でバレーボールをすることに。
ちょっと遅れて向かうと、みんな既にボールでパスをしていた。

準備運動もそこそこらしかったけれど,大丈夫かな?
私は怪我をしたくないので、ちゃんと柔軟して、ボールを触って手に馴染ませてからパスを開始した。

身体はそこそこ動くので、まあまあかなと自画自賛。
でもまあかなり鈍ってはいるけどね。

そんなに動いてない筈なのに普段の運動不足が祟ってか筋肉痛になりそうな気配があり。
帰宅後はお風呂にゆっくり浸かってマッサージをする。
明日は大したことありませんように☆

| | コメント (0)

ボーリング大会の日

職場のボーリング大会があった。
上司に声をかけられ、普段ボーリングなんて殆どやらないのに参加する事になった大会。
練習でストライクを2回出したにもかかわらず、相変わらず本番には弱いので、スペアやストライクがあっても得点は伸びず100に満たない。
それでもチームにマイシューズやマイボールを幾つか持つ人が居たため、チームの得点は高く、1位に!
商品としてベーグルクッションをいただいた。

いつも「溝掃除」と言っていた上司が、一度もガーターする事なく100以上の得点を出し、ものすごく喜んでいたので、私も楽しかった。
自分自身ももうちょっと高い得点を取れればきっともっと楽しかったんだろうけれど、それは贅沢ってものかも知れない。
上のスコア表の隣のテレビ画面では、日テレの『歌の祭典』がかかっていて、音は聴こえないけれどときどき櫻井さんのアップが見れたのはささやかな幸せかも!?

21時前にボーリング大会は終わり、一時帰宅。
それから妹と待ち合わせて街中で一杯飲みながら、話をする。
主に彼女の話を聞くんだけど、かなり有り難がられた。
そんな些細なところに自分の存在意義を感じて、ちょっとだけ嬉しくなる。
本当は彼氏とか家族とか、そういう他人から得られるものがきっと大事なんだろうけれど、私にはそれが無いから、誰かから感じられるささやかな存在意義が支えになっていたりする。
支えてるつもりで、そんな形で支えられてる。

『相棒』のなかで、引きこもりの少年に対して杉下さんが言った言葉が、私達の胸に残っていた。
「アンテナの感度が良過ぎた」
だからこそ、他人とのかかわりに絶望したり恐怖した。
でもだからこそ、見逃されがちなものに気付けたりもしている。
そんなことに悩んだ過去も、今なら抱きしめられるかな。

| | コメント (0)

駿府マラソン初参加!

何故、こういう流れになってしまったんだろう?
昨年、親孝行のために人生で二度と走る事はないであろう第二東名のマラソンに父と参加した。
それは私の意思だった。
でも…
「応援に来るよな!?」って半ば強制的に言われちゃったら「だったら出るよ」って言っちゃわない!?

そんな訳で、本日は5km走った。
父は10kmに参加だった。

昨日の仕事の都合で、睡眠時間は4時間半。
目覚めが悪く、遅刻しそうになり大慌て。
なので走る前から走る。
只でさえ十分でないコンディションなのに、更に体力消耗↓。

時間に余裕がないときに限って、迷う。
場所は直ぐ分かるところなんだけれど、その会場内の受付が何処か、ロッカーが何処かでうろうろ。
スタート地点にギリギリで到着。
そんな訳で…
トイレにゆっくり行くことができず、腹痛と折り合いをつけつつ時々歩いて何とかゴール。
うーん、最悪。
なーんていろんな所為にしちゃってますが、年明けから寒さのためちゃんとトレーニングを続けて来なかった私自身が悪くもあるのです。
でもまあ、ちゃんとゴール出来たので、いいか。

行きはバスで、帰りは電車を選択。
帰りにはシフォンケーキを買ってみた。
クリームチーズと桜のシフォンケーキが美味しかった。

夜、父とお寿司屋さんで打ち上げ。
ぼたんエビとかシャコとか食べた。
両方とも子持ち。
そして両方とも美味しかった。
でも一番心を癒されたのは、穴子と春天(春の天ぷら)。
やっぱりたらの芽とか菜の花とか好きなのよ。

前よりも距離が半分なこともあって疲れは大分楽だけれど、ふくらはぎはパンパンにはっていて、浮腫んでいた。
お風呂で揉んだけれど、まだまだ不十分らしい。
明日は年休がもらえたので、ゆっくり休みます。

| | コメント (0)

走りたくなるものなのか?

10kmのマラソンが終わってから1週間が経過。
その間全然走らずに居て、疲れた筋肉も身体もすっかり回復。

そうすると、何となく走らないことが気になってくる。
他にスポーツをやってる訳でもないから、動かないことに何となく抵抗があるのかも!?

思い立って、30分から1時間弱で走ろうと、マンションを飛び出した。
マラソン前よりも、ゆっくりだけれど走ってる距離は長くなってて、走ったことがちょっとした経験になっているんだと思った。
ひとつ経験したことで、より具体的なイメージが描けるようになったんだと思う。

大会に出るとかはまだ考えてないけれど、ちょっとだけ、ちょっとずつ、折角始めたことだから続けてみようかなと思う。
これですーっと痩せてくれたら嬉しいんだけれどな。

| | コメント (0)

ふじのくに新東名マラソン

ある日、東名を走れるという話を聞いた。
これは二度とない、生涯一度きりと言っても過言ではないかもしれないチャンス。

そして、父の趣味はマラソン。
もうかなり長いこと続けている。
そんな父へのせめてもの親孝行にと思い立ったのが、この大会で10kmを一緒に走るということ。
本当はマラソンなんて全然好きじゃないし、超苦手なんだけれどね。

9月からちょっとずつ合間を見つけては家の周りをぐるぐる走っていたけれど、仕事が終わって家事をして…なんてやってると、そんなに走れる訳もなく。
身体作りは万全とは言えない状況で臨んだ初マラソン。

父について2km走ったけれど、父は割と早い人だったらしく、付いて行けなくなる。
3kmくらいまでは何とか走っていったけれど、最初のハイペースが祟ったのか呼吸も大変だし足も上がらなくなってしまった。
それでも止まったらそこで終わり。
歩くのだけは自信があるので、疲れた身体を引きずりつつも、いろんな人に追い越されつつも、ゴールを目指した。

途中、折り返した向こう側の道路で倒れた人が居たらしく、道路を越えて向こう側に走っていく救護班の人を見た。
AEDを乗せて走る、救護班の人が運転する自転車もあった。
「誰が倒れたんだろう?」
急に父が心配になって、折り返して走る人をきょろきょろ見ながら進んだ。
暫くそのまま進むと、父が普通に走っている姿を見つけられて、ホッと安心する。
そのまま進んでいたら、走っている石原良純さんも見れた。

結局…その後はあんまりちゃんと走ることが出来ず。
ただ、最初のダッシュが良かったのか、目標タイム前後ではゴール出来た。

屋台がいっぱい出ていたので、富士宮焼きそばとおでんを買って父と一緒に食べる。
建設中のサービスエリアも、車の走ってない高速道路も、昨日の雨からは嘘のように晴れた青空も、楽しい思い出のページを彩った。

家に帰ってから寝てしまい、その後お風呂に入って身支度を整え、父と妹の居るお寿司屋へ。
ゆっくりじっくり美味しそうに、父はお酒を飲んでいた。
今日は楽しかったらしい。
かなり楽しみにしていたようなので、そんな様子が私も嬉しかった。

白子に桜エビのかき揚げに桜エビのにぎり、くらげにシメサバに関サバに。
美味しいものも食べられて、今日は朝から楽しい1日だった。

| | コメント (0)

体験乗馬

以前からずっとやりたかった乗馬。
でも一度体験乗馬に行ったきり、もう1年半が経過してしまっている。
その乗馬クラブが遠いっていうのもあるんだけれど、原発の近くに行くことに、東日本大震災が起こる1年前から抵抗があったため。
なので今回はもっと近くの乗馬クラブに行ってみた。

近くだけれど行った事がないところで、おまけにカーナビの道案内が結構微妙だったため、迷った。
でも、無事到着。
早速乗せていただく。
馬の名前は紹介してもらえなかったので分からなかったけれど、「よろしくね」と挨拶したらしっかり私を確認していた。
久々の高さに少々吃驚したものの、やっぱり乗った分だけ慣れるのか、初めて乗ったときの恐怖はない。
合図は殆ど忘れてしまっているのにね。

真っ直ぐ進んで柵を噛んだりちょっとおちゃめなところがある馬なんだけど、走っているときも時々頭や耳が動いたり、何となく私の様子を伺うような様子が感じられる。
常歩(なみあし)から軽速歩(けいはやあし)まで経験。
馬の揺れるタイミングでお尻を上げるのが、なかなか難しかった。

25分はあっという間に終了。
終わって降りてから「ありがとう」と馬の首の辺りを触ると、私の身体に優しく頭を押し付けてきた。
首の辺りに触れていると、ちょっぴり癒される気がする。
大きい目が、優しい。
最後には眉間の辺りも触らせてもらえた。

乗馬スクールに申し込みたいと思ったんだけれど、曜日を決めるらしくて、それが一番のネック。
仕事柄、決まった曜日に休むのは困難なので。
ちょっと考えて申し込もうと思う。

先日のアスレチックが強烈だったので、直ぐに疲れを感じた訳じゃないんだけれど、やっぱり結構疲れていたらしく、帰宅してから早めの夕飯を食べたら眠ってしまった。
乗馬の後、筋肉痛を起こす人が多いと言われた。
明日はまた筋肉痛かなぁ?

| | コメント (0)

スーパーマリンちゃん

今日は楽しみにしていたお出掛けの日。
洗濯を済ませて、腹ごしらえをして、お昼頃愛車に乗り込み、一路御前崎へ。
浜岡原発の近くにある、乗馬クラブ パロミノ・ポニークラブが今日の目的地。
途中若干迷いながらも、嵐の曲を聴きつつ、無事到着。
道中の、広野の川沿いの桜並木と、大崩れの海がとっても綺麗だったよ。

動物に触れたいのと、ダイエットに良いっていうのと、姿勢が良くなるということから、半年前くらいから乗馬に興味があった。
ずっとHPで乗馬クラブを調べていたんだけど、何処に行こうか悩んでいたんだけど、偶然見た情報誌に体験乗馬の記事が載っていたので、その乗馬クラブに体験乗馬1回コースを申し込んだのだ。

今日、乗せてもらったのは、サラブレッドのちょっと体格のいい女の子マリンちゃん。
馬って小心者で繊細なところがあるので、大きな音にちょっと吃驚していたけれど、初対面のときにしっかりこっちを見て、待っていてくれた感じがしたので、私としてはすごく自然に近付けた。
傍で普通に馬に接している人たちが居るってのも、自然に近付けたのに一役買っているかも!?

靴と帽子を借りて、マリンちゃんのところに行って、体験用馬場まで引いて行くところから開始。
そして、馬場に着いたら乗る。
伊豆で引き馬に乗った体験があったからか、高いと言われたマリンちゃんの背中もそんなに気にならず。
伊豆では揺れにも驚いたけれど、マリンちゃんはあんまり揺れないらしく、落ち着いて乗っていられた。

体験ということで、引き馬ではなく自分で手綱を取り、ひとりで馬に乗っている。
最初こそ不安があったものの、結構楽しくて気持ちいい。
止まる/進む/右に/左にの操作の方法を教えてもらったり、八の字に歩いたり、最後には早歩きも経験したりでとっても楽しかった。
降りるときには踏み台を使わずに降りたし。
写真も撮ってもらったんだけど、初めに撮ったのと乗った後のだと、マリンちゃんとの距離が全然違って面白い。
それだけ近付けるってことなんだな。

それから厩舎を見せてもらった。
ハリーとかラムセスとか、有名な名前がちらほら。
サラブレッドだけじゃなくポニーも居て、放牧されてるコも居たりして、みんな伸び伸びしていた。
良い乗馬クラブだね。
Dscf0786p
ちょっと遠いけれど、ドライブも兼ねて初心者コースを受けてみようかな。

先ずは、ライセンス5級目指してみようかな。
割と簡単なレベルのものらしいので。
それから「乗馬が趣味です」って言える位、自分で乗れるようになれたら素敵だな。

| | コメント (2)

バンクーバーの話

仕事をしていたら、ラジオからロンブー敦の声が聞こえた。
何やらスケートボードの國母選手のことについて、話している。
会見が良くなかった、と。

確かに、制服をちゃらちゃらした着方していたのはまあ、仕方ないと私も思う。
スノーボードというスポーツが放つ世界感の影響もあるのだろうし。
でも嫌だったのは、その後の会見の態度。
あれがねー…二十歳過ぎの、国の代表のスポーツマンの取る態度かと思う。
で、出場出来ないかもってなってやっと謝るって、子供じゃん!
普段は優しい友達想いのいい人らしいけれどもね。
やっぱり大人としてダメだったと思うんだよね。

そこんとこいくと、石川遼くんはとっても出来たコだと感じてしまう。
スポーツが違うから、こんなに違うんでしょうか?

| | コメント (0)

フィギュアスケート

偶然にも、仕事の休憩時間に真央ちゃんの滑りが見れた!!
ショートの時もちゃんと見れたけれど、今日のもしっかりお弁当を食べながら♪

キム・ヨナが先に滑ったけれど、やっぱり可愛いし、綺麗。
ただ、それを認めたくない感じがするのは…やっぱりあの国の、ライバルを讃えず卑下するような報道の所為だろう。
キム・ヨナがそんな人ではないと思うのだけれども、どうも嫌な感じがしてしまう。

真央ちゃんのジャンプ、素敵でした。
衣装も結構好きだったな。
でも…4年前はもっと素敵な滑りをしていたような気が…!?
何が邪魔してるんだろう?
プレッシャーかな?

銀メダルでとても残念そうにしている表情が、とっても印象的だった。
確かにあの点差はショックだよねー…。
でも、4年後は金だ!!
そう思おう。

自分のことじゃないのに…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧